赤ちゃんの歯磨きはいつから始めたらいいの?

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s
赤ちゃんの歯磨きはいつから始めたらいいのでしょうか?

歯が生えてから?それとも離乳食を始めてから?

今回は歯磨きを始めるタイミングについて考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんの歯磨きはいつから?

赤ちゃんの歯磨きを開始するタイミングですが、

乳歯が生えてきたらスタートでOKです。

ポイントは
赤ちゃんが嫌がらないように上手く慣れさせていくことです。

いきなり赤ちゃん用の歯ブラシを使ったりはしないようにします。

赤ちゃんは口を開けられるだけで嫌がることも多いので、まずはこちらが口を開けたり触ったりしても平気なように慣れさせていきましょう。

口の中が不潔にならないか心配してしまうかもしれませんが、この時期は唾液の力だけで十分清潔は保てています。なので、今後スムーズに歯磨きができるように「慣れさせること」をメインの目的にするといいです。

ママが笑顔で「はい、お口をアーン♪」と話しかけて口を開けてくれたら、しっかりと誉めてあげましょう。

少し慣れてきたら、ママは手を清潔にして赤ちゃんの唇を軽く触ったり引っ張ったりして、人に口元を触られることに慣れさせていきましょう。明るく話しかけながら口元を触りつつ楽しい雰囲気づくりをします。

この段階を飛ばしてお口のケアを始めると、口元を触られるのを嫌がり歯磨きの作業が大変になる事が多いです。口元を触られても平気かどうか確認しながら少しずつお口のスキンシップを増やしていきましょう。

スポンサードリンク

特に、唇の裏の部分を触られるのが嫌いな赤ちゃんが多いです。唇を引っ張るときは唇の裏を触られても大丈夫かどうか、強く引っ張りすぎていないかを慎重にチェックしていくと良いですね。

使う道具もキチンと段階を踏んでいきます。

まずはガーゼや綿棒を使って口腔内を清拭していきます。

赤ちゃんがそれに慣れたら今度は赤ちゃん用歯ブラシを使いますが、最初は磨くことよりも「歯ブラシは口に入ってても大丈夫なんだ」ということを教えていきましょう。優しく1~2回乳歯に当てる事から始めて慣れさせていきます。

歯磨きに夢中になって力が入り過ぎないように注意してくださいね。明るく話しかけてスキンシップをとりながらお口のケアを続け、赤ちゃんに「お口を触られるのって楽しい」と感じさせることが出来れば大成功です。

もしも嫌がるときは無理に続けず一旦やめて様子をみる事も大切です。

触られて痛いと感じる場所があったのかもしれません。唇の引っ張り方を変えると痛くない事もあります。
試しに赤ちゃんの様子をみながら口元へのアプローチ方法を変えてみると嫌がらなくなるかもしれないですね。

歯が生えるタイミングは赤ちゃんによってさまざまです。
離乳食を開始する子が増え始める5ヶ月頃より早く生える子もいれば6ヶ月過ぎに生える子もいます。

なので、歯が生え始めるのが遅いと心配する必要はありませんよ。
それに、歯が生えないうちは虫歯菌にも感染しません。

歯が生える前から遊び感覚で赤ちゃんの口元を触って慣れさせておいて、歯磨きの準備をゆっくりと進めておくのもいい方法ですね(^^)

まとめ

・歯磨きは乳歯が生え始めてからでOK。その前から赤ちゃんのお口をアーンさせたり触ったりしてスキンシップをとり、慣れさせておいてもいいですね。

・道具もガーゼ・綿棒⇒乳児用歯ブラシと替えていきます。乳歯が生えだす時期は、口腔の清潔を保つことよりもまずは口元を触られることに慣れさせることが大切です。

赤ちゃんが嫌がらないよう、楽しい雰囲気づくりをしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

お中元・お歳暮|お返しは必要?マナーは?断り方はどうする?
猫の熱中症の症状は?体温はどうなる?応急処置について
レンコンが花粉症に効果あり!|食べ方のポイントは?
山ヒルに噛まれたら対処法は?血が止まらないのはなぜ?
離乳食のアレルギーって豆腐を食べた時にも反応が出たりするの?
レンコンは栄養満点!風邪の初期症状にも効果を発揮
出産祝いを贈るタイミングは?ベビー服のサイズはどうする?
noimage
花粉症から室内犬を守る対策は?|散歩にはこのアイテム
赤ちゃんのアトピー対策はステロイド以外では何があるの?
アトピーを持つ乳児を入浴させる際のポイントと注意点は?
梅雨どきの洗濯物|部屋干し対策 臭いを抑えるコツは?
お月見はいつ?2016年の場合|なぜすすきに団子?台の名前は?
noimage
お盆玉とは何?発祥と金額の相場は?ポチ袋の特徴について

Menu

HOME

TOP