いちご鼻を改善する為に中学生の時期はどんな事に注意したらいいの?

046e47e5905b6c32ccb1c7e3740fd8b3_s
中学生が抱える悩みのなかで、いつも上位にランクインするのが肌トラブル(-_-;)

いちご鼻の予防や改善をする為に、中学生の時期ではどういった事に注意したらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

いちご鼻の改善で中学生が注意するポイントは?

中学生の時期にいちご鼻(鼻の黒ずみ)対策で気をつけておくべきなのは、
・過剰な洗顔を避けること
・洗顔後は必ず保湿ケアをすること

の2点です。

■過剰な洗顔を避けること
「清潔を保つこと=洗顔料を使って何度も洗顔」と考えてしまうかもしれませんが、洗顔の回数が多いと肌へ負担がかかり過ぎてしまいます。

たしかに、中学生の時期は皮脂の分泌が盛んになるので洗顔はとても大切なことです。

でも、洗顔の回数が多いと身体に必要な皮脂まで失われてしまい、皮膚の機能が低下してしまいます。

身体は皮脂が必要以上に失われると、それを補おうとして皮脂を過剰に分泌するように働くので、洗い過ぎは逆効果です!

できるだけ1日2回の洗顔ですませることが理想だと思います。

そして、洗顔料はしっかりと泡立ててから使いましょう。
泡のチカラが働くとともに、手と顔が当たって摩擦で肌に負担がかかるのを防いでくれます。

洗顔ネットがあれば楽に泡立てることができるので、ひとつ持っておくと便利です。

洗顔料はスクラブが入っていない低刺激のものがおすすめです。

スポンサードリンク

■洗顔後は必ず保湿ケアをすること
保湿は洗顔後は忘れずにしておきましょう。

鼻に黒ずみが出来る大きな原因が角栓です。角栓ができて頭の部分が空気に触れることが、「毛穴の辺りが黒くなる」という現象を作っています。

保湿が大切なのは、保湿で肌を保護すると角栓ができにくくなるからです。

洗顔をすることで清潔は保たれますが、少なからずダメージを負った肌は角栓ができやすい環境になっています。そこへ保湿ケアをして肌を保護してあげるわけですね。

肌トラブルの予防のために、洗顔と保湿ケアは必ず”ワンセット”で取り組みましょう(^^)

夜の洗顔は、入浴するときに蒸しタオルを用意して鼻のあたりにしばらくの間当てておくと毛穴が開いてくるので、その後に行うのがおすすめです。

顔につけた泡をきれいに洗い流したあとは、水で数回洗って肌を引き締めておくといいですよ。

まとめ

・過剰な洗顔を避け、しっかりと泡立てた洗顔料でやさしく洗いましょう。

・洗顔後は必ず保湿ケアをして角栓を予防しましょう。

・洗顔前に蒸しタオルを利用して毛穴を開けておくと効果的に汚れを落とすことができます。そして、洗顔後に泡をしっかりと落とした後は水で数回洗って肌を引き締めます。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

40代の体臭対策に私がおすすめしたい飲み物【体験談】
シアバターの効果と紫外線との関係 日焼け止めとして使えるの?
体臭の原因になる食べ物は?もしかしたら食べ過ぎてるかも!
ダイエット目的のランニング|食事のタイミングは運動前?後?
睡眠が浅い原因は食事にアリ?改善に必要な栄養素は何?
冷え性と不眠をまねく意外なモノとは?原因が分かれば怖くない
冬の乾燥からお肌を守ろう 知っておきたい洗顔の注意点は?
ガムを噛むことで良い影響があるなと私が感じたこと【体験談】
青汁は妊娠中にどの位飲んでいいの?商品選びの注意点はある?
糖尿病がどうして危険なのか理由を分かりやすく教えて
寝つきが悪い時の解消法! 眠れないときは爪もみでリラックス♪
手汗がひどい時は手洗いにもうひと工夫
頭部から汗がたくさん出て困るときにおすすめの対策
オーラルデントは口臭だけでなく歯ぐきの健康にも効果あり?
冷え性対策に使う入浴剤の効果を高める方法 選び方とおすすめは?

Menu

HOME

TOP