チベット体操4週目に入った感想 チャクラについてもっと知りたい

チベット体操を始めて4週目に入りました。
三日坊主傾向が強い私がここまで続けることができたなんて、ちょっと感動です(^^)

体操をすることにもだいぶ慣れてきたみたいです。

スポンサードリンク

チベット体操4週目に入った感想 呼吸の次はチャクラ

チベット体操を初めて今日で4週目。

回数は、五つの体操それぞれを9回ずつとなります。

回数が増えることで心配だったのが第一の儀式。

身体をコマのように回転させるポーズなんですが、つい先日、身体のバランスが悪かったようで思いきり目を回してしまいました(@_@)

その後すぐポーズの再チェックをして、その翌日はある程度改善したんですが、今回また回数が2回増えたので目が回ってしまわないか不安でした。

今朝、9回転してみたところ、多少フラッとなるけど、呼吸を整えながら丹田に意識を向けて数秒休むと落ち着きました。

とりあえずクリアです(^_^;)

身体も少しずつではありますが、回転することに慣れてきているのかもしれないですね。

ここにきて、毎日体操を続けることの効果をしみじみと感じています。

それに、チベット体操が「一週間ごとに回数を2回増やしていく」というルールで良かったとつくづく思いました。

もし、もっと回数が増えるペースが早かったら、私は挫折してたと思います(^_^;)

※チベット体操は一度の体操につき最大の回数は「21回」まで。それ以上は増えません

その他のポーズも、9回に増えたことで身体にかかる負荷が大きくなってきてます。

・第二の体操では、頭と真っ直ぐ伸ばした両足を同時に持ち上げていくのですが、腹筋に力が入る時間も長くなってきたので、結構疲れます(^_^;)

続く第三の体操では、ひざまずく格好で立ち、おしりの下部に両手を当てた状態で上半身をググッと後ろに反らせるポーズをとります。

この第三の体操は今まで運動的には特に感じるものはなかったのですが、9回目に入ってから変化があらわれてきました。

スポンサードリンク

第二の体操で腹筋をかなり使うので、次の第三の体操で身体を反らせたとき、腹筋がよ~く伸ばされて気持ちいいんです(*´ω`)

ストレッチ効果ですね。

最初の頃は上半身もあまり後ろへ反らせていなかったと思いますが、最近は、腹筋がしっかりと伸びる程度にまで身体を反らせるようになったんだと思います。

最近になって、ようやくチベット体操という運動にもある程度慣れてきたように思います。

最初は、それぞれのポーズの順番、合っているか間違っているかもあやふやなので、ポーズ自体に意識を集中しづらい面がありました。

今では、何も考えなくても、次にどの動きをすればいいのか分かるようになったので、ただポーズと呼吸に集中することができます。

体操のポーズに関してはある程度コツが掴めてきたので、これからはチャクラをもっと意識してみたいと思います。

チベット体操はチャクラと密接に関係しているみたいなので、身体のチャクラを体操中に意識できるようになりたいですね。

チャクラに関してはほとんど知らなかったので(^_^;)

どうやらチャクラというのは、
・身体の中心部に7つ並んでいる(おしりから登頂にかけて)
・それぞれに色があり、回転している
・それぞれが心の活動のさまざまな側面に影響を与えている
といった特徴があるようです。

チャクラがある身体の部位とそれぞれの色は、
おしりから頭への順番でいくと、
・おしり(骨盤底)→赤
・丹田(おへその少し下)→オレンジ
・みぞおち→黄色
・胸→緑
・喉→青
・藍色→みけん
・紫→頭頂
となります。

赤→オレンジ→黄→緑→青→藍→紫
これって色相の変化と同じですね。

第三の体操では息を吐きながら丹田に意識を集中していたんですが、このときついでに「丹田のあたりがオレンジ色に輝いて回転している」といったイメージも加えてみようと思います。

体操中は、ポーズの確認・呼吸といっしょに、7つのチャクラの【位置・色・回転している様子】をイメージできるようになれば、ますます効果が上がりそうですね。

いっぺんには無理なので、一つづつ色を覚えながら意識してみようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク