チベット体操をすると引き寄せ力が上がるのはなぜ?

adb1ae375143d475709b2bee5836197c_s
チベット体操を始めて4週目になります。

チベット体操が”引き寄せ力アップ”とどう関係するのか。

ここをしっかり理解して日々チベット体操を行なうと、より体操の効果が出そうな気がするので、再確認してみます。

スポンサードリンク

チベット体操と引き寄せの関係

チベット体操は5つのポーズを決められた回数ずつ毎日おこなっていく、とてもシンプルな体操です。

この体操が引き寄せ体質になるために、引き寄せ力をアップさせるためにどうして有効なのでしょうか。

それは、
チベット体操も引き寄せも、その本質が”潜在意識に働きかける”ことにあるからです。

私たちの意識は主に顕在意識と潜在意識とに分かれています。

この二つの意識に関しては「海に浮かぶ氷山」に例えられることが多いですね。

氷山が観える部分が顕在意識、
そして海で隠れている部分が潜在意識です。

私たちが日常生活で頭で思い描いている思考は顕在意識(表面意識)なんですが、その奥に潜む自覚できない(無意識の)領域である潜在意識との割合は、

顕在意識10:潜在意識90

となります。

そして、この90%を占める潜在意識という広大な領域に思考を上手く浸透させることが出来れば、願望や幸運を引き寄せることができるといわれています。

そこで大切なのが、どうすれば”思考が潜在意識に浸透しやすい引き寄せ体質”になることが出来るかということです。

スポンサードリンク

その引き寄せ体質になるために有効なのが、チベット体操だと言われています。

チベット体操で深い呼吸を保ちながら5つのポーズを行ない、チャクラ(私たちの身体の中心を通る、目に見えないエネルギーセンター)の活動を活性化させることで、潜在意識につながりやすい体質へと変化させることができます。

ここで大切なのが「呼吸」です。呼吸を意識せずにチベット体操をしても、あまり意味がありません。

チベット体操で呼吸を止めるのは、第四のポーズの一部だけです。

それ以外は常に呼吸を保つよう意識します。

「深い呼吸」と「正しいポーズ」だけに意識を集中して日々チベット体操を続けていくと、いつしか瞑想と同じ効果が生まれてきます。

チベット体操では深い呼吸を体操中もしっかりと保つことが一番効果が上がるので、いつの間にか呼吸がおざなりになったりしないよう気をつけたいところです。

※私が参考にしている引き寄せの本とチベット体操の本(DVDつき)は
コチラ⇒チベット体操を始めてみた 参考にしている本と一週間続けた感想

私は今チベット体操を始めて4週目になります。

深くて長い呼吸を意識して体操をおこなうと、確かに効果が全然違うように思います。

ポーズによっては息がもたなくてツラいこともありますが、呼吸に合わせていると、一つ一つの動作も丁寧になりますし、中盤を過ぎた頃には普段の意識とは違う「静かな状態(瞑想中のような感じ)」になっていることが”まれ”に起きてます。

身体を動かしながらなので呼吸がきついときもありますが、そうして呼吸器系の機能も鍛えられることで、より深い瞑想状態に入りやすい(無意識にアプローチしやすい)身体になっていくのでしょう。

こういった体験が積み重なっていくことで、「潜在意識とつながりやすい体質」へと変化していき、”引き寄せが上手くなる”という結果につながるのではと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

チベット体操8週目 色を意識すると楽しくなってきた
チベット体操をやり始めて2週目 現時点でのやってみた感想です
チベット体操を始めて4週目 呼吸が楽になってきた
チベット体操6週目 三日坊主な私が継続できている理由
チベット体操は回数が大切?どんどん増やしていくの?
チベット体操7週目 数え方を変えてみました。
チベット体操10週目 21回にかかる時間について
チベット体操9週目 最近の体操風景
チベット体操を始めて5週目 効果に関する現在の感想(その1)
チベット体操を3週間続けてみて感じた効果
チベット体操10週目 蓄膿症にも効くのか
チベット体操を始めてみた 参考にしている本と一週間続けた感想
チベット体操8週目 21回が見えてきた気分です
チベット体操7週目 数をかぞえるという事について
チベット体操7週目 三日坊主な私が継続できている理由その2

Menu

HOME

TOP