チベット体操7週目 数え方を変えてみました。

7fa3715c1fddf92d1630189c1d2d4cb0_s

前回の記事で、

「チベット体操をしていて、途中で数が分からなくなることが増えてきた」

という話をしました。

今回は、数をかぞえる事にもっと集中できるように、ある対策を取り入れてみたのでご紹介します。

スポンサードリンク

チベット体操7週目 ”数える”プラス”色のイメージ”

前回の記事で取りあげた”私の最近の課題”が、

「体操時間も長くなり、”慣れ”も手伝ってか、途中で

”今何回目”かが分からなくなる時がある」

というものでした。

そこで考えてみたのが、

「数をかぞえること」と「チャクラをイメージすること」

を関連づけてみようということ。

「深く呼吸すること」に関しては、チベット体操は第一のポーズ(儀式)以外は全て

”一回の運動に付き一呼吸”

なので当然のように連動することになりますが、「チャクラをイメージすること」についても

数と連動させたらいいんじゃないかと思ったんです。

チャクラは骨盤底から頭頂にかけての直線上に7つあり、それぞれに色が
あるとされています。

実際には目に見えないエネルギーなんですけどね。

”イメージすることが大事”ということなんでしょうね(^^)

ちなみに私が参考にしている本では、骨盤底から順に
①赤
②橙(オレンジ)
③黄
④緑
⑤水色
⑥藍
⑦紫

となっていました。

スポンサードリンク

そこで、

数をかぞえるときも、”7回を1ターン”にして、
「い~ち」と数えながら赤色をイメージ、
「に~い」と数えながらオレンジをイメージ、
「さ~ん」と数えながら黄色をイメージ
  ・
  ・
  ・
「な~な」と数えながら紫色をイメージ

と、頭で色を思い浮かべてみてはどうかなと。

例えば、今私は体操を始めて7週目なので

”それぞれの儀式を15回ずつ”です。

なので、
まずはチャクラの色を思い浮かべながら1~7まで数えて7回運動する。

ここで1ターン終了。
(※第一のポーズは例外)

少し呼吸を整える

最初と同じ要領でもう1ターンやって14回。
(8からじゃなく、再び1から7まで数える)

少し呼吸を整える

最後にもう1ターンやって終了
(現在は1つのポーズにつき15回ずつなので、ここはあと”1回”だけ運動する)

7+7+1=15回といった感じです。

チベット体操は一度に行なう回数の最大数は”21回”なので、

最終的には、ちょうど3ターン(7×3=21)でピッタリでやりやすいですしね。

今朝、試してみたんですが、

思ったとおり、数をかぞえるときの集中力が高まってました。

「次は何色だっけ?」と意識しますからね。

それに、数と一緒に”色のイメージ”を思い浮かべているので、

「水色をイメージしてるから今は5回目だよね」みたいに

”数えまちがい防止”にもなりそうです。

チャクラの色・場所を覚える練習にもなりますね(^^)

なかなかいい感じだったので、この方法で続けてみたいと思います。

今回の方法はわたしが勝手に工夫したものなので、チベット体操的に

正しいのかどうか……その点はご了承くださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

チベット体操6週目 三日坊主な私が継続できている理由
チベット体操を初めて5週目~第四の儀式について思うこと
チベット体操8週目 21回が見えてきた気分です
チベット体操7週目 三日坊主な私が継続できている理由その2
チベット体操は回数が大切?どんどん増やしていくの?
チベット体操4週目に入った感想 チャクラについてもっと知りたい
チベット体操9週目 呼吸の良し悪しで効果も段違い?
チベット体操を3週間続けてみて感じた効果
チベット体操を始めてみた 参考にしている本と一週間続けた感想
チベット体操7週目 数をかぞえるという事について
チベット体操9週目 最近の体操風景
チベット体操10週目 蓄膿症にも効くのか
チベット体操を始めて5週目 第二の儀式のポーズを改善
チベット体操3週目の感想その2 続けれるかの分かれ目?
チベット体操を始めて5週目 効果に関する現在の感想(その1)

Menu

HOME

TOP