お中元を渡すときのマナー|内のし 外のし、どっち?

今回はお中元について。
お中元を贈る際「内のしと外のしどっちにしたらいいんだろう?」と思ったことはありませんか?

「内のし」→のし紙を掛けた上から包装紙で包んだもの

「外のし」→包装紙で包んだ上からのし紙を掛けたもの

「内のし」と「外のし」どのように使い分けたらいいのでしょう?何かルールがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

お中元を渡すときのポイントは?

結論から言いますと、「内のし」と「外のし」に決まったルールはないようです。

ただし、大前提としてここだけは押さえておいてください。それは…“「内のし」か「外のし」かは送り先の土地の風習によって違う“ということです。

ひと手間かかりますが、送りたい相手の土地の風習では「内のし」なのか、それとも「外のし」なのかを前もって調べておく。

これさえしておけば安心して送る事ができますね。

以上をふまえたうえで、「内のし」と「外のし」それぞれの特徴、使い分けをご紹介します。

お中元のマナー|内のし編

「内のし」は
・関西に多い。
 
・控えめに贈りたいときに使います(内祝いなど)

・『品物を丁寧に扱ってくれている』という印象が強くなります。

スポンサードリンク

・宅配などで贈り物を送るときはのし紙が宅配の際に汚れたり、破れたりする恐れがあるので「内のし」にする人が多い。
 (誰から送られてきたかは伝票で確認できます)

・もともとは品物にのしをつけて風呂敷で包んで持っていくものでしたから、包装紙を風呂敷の代わりと考えると「内のし」が基本ともいえますね。

お中元のマナー|外のし編

「外のし」は
・関東に多い

・贈り物を直に渡すときは、のしが見えるようにするのがマナーと言われているので、お中元を持参する場合は「外のし」にする人が多い。

・お祝い品など、贈り物だと一目でわかるようにしたいときに使います。
 
 例)宴会の催し物の商品など

・大勢の人が持ち寄るときは基本「外のし」が良いといわれています。
 
 例)結婚式などー送られた側が、誰からの物かすぐ判断する必要があるとき

まとめ

今回の「内のし」「外のし」のお話をお中元を贈るときに当てはめると、

・直に渡したいときは「外のし」で
・郵送や宅配などで送りたいときは「内のし」で
ということになりますね。

ただし、最初にお話ししたように土地の風習も関係してくるので、相手の方がどんな反応をされるかどうしても不安な場合は、前もって調べておくことをおすすめします。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

梅雨の湿気対策 押入れ編|新聞紙などの便利アイテム、扇風機が活躍?
栗は渋皮にも素晴らしい効能あり!驚きのデトックス効果
マダニの対策 登山・キャンプ編|虫よけスプレーの効果は?噛まれたらどうする?
新生児ニキビの原因とケア方法 薬を使わなくても大丈夫?
離乳食のアレルギーって豆腐を食べた時にも反応が出たりするの?
花粉症|五月がツラい 原因は?血液検査の料金は?
デング熱とヒトスジシマカ|蚊の対策は?虫除けのポイント
セブンのかりんとう饅頭を食べた感想【コンビニスィーツ】
歯磨き|磨き方の3つのポイント 虫歯・歯周病のリスクを減らそう
蜂に刺されないための外出時の予防策は?服装やスプレーについて
ハンドルを握った手が汗で滑るときの対策は?
室内犬のお留守番 暑さ対策は?扇風機は有効?|散歩の注意点
お中元・お歳暮をやめたい|どちらからやめる?渡し方ひとつで違いが!
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP