お中元を渡すときのマナー|内のし 外のし、どっち?

今回はお中元について。
お中元を贈る際「内のしと外のしどっちにしたらいいんだろう?」と思ったことはありませんか?

「内のし」→のし紙を掛けた上から包装紙で包んだもの

「外のし」→包装紙で包んだ上からのし紙を掛けたもの

「内のし」と「外のし」どのように使い分けたらいいのでしょう?何かルールがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

お中元を渡すときのポイントは?

結論から言いますと、「内のし」と「外のし」に決まったルールはないようです。

ただし、大前提としてここだけは押さえておいてください。それは…“「内のし」か「外のし」かは送り先の土地の風習によって違う“ということです。

ひと手間かかりますが、送りたい相手の土地の風習では「内のし」なのか、それとも「外のし」なのかを前もって調べておく。

これさえしておけば安心して送る事ができますね。

以上をふまえたうえで、「内のし」と「外のし」それぞれの特徴、使い分けをご紹介します。

お中元のマナー|内のし編

「内のし」は
・関西に多い。
 
・控えめに贈りたいときに使います(内祝いなど)

・『品物を丁寧に扱ってくれている』という印象が強くなります。

スポンサードリンク

・宅配などで贈り物を送るときはのし紙が宅配の際に汚れたり、破れたりする恐れがあるので「内のし」にする人が多い。
 (誰から送られてきたかは伝票で確認できます)

・もともとは品物にのしをつけて風呂敷で包んで持っていくものでしたから、包装紙を風呂敷の代わりと考えると「内のし」が基本ともいえますね。

お中元のマナー|外のし編

「外のし」は
・関東に多い

・贈り物を直に渡すときは、のしが見えるようにするのがマナーと言われているので、お中元を持参する場合は「外のし」にする人が多い。

・お祝い品など、贈り物だと一目でわかるようにしたいときに使います。
 
 例)宴会の催し物の商品など

・大勢の人が持ち寄るときは基本「外のし」が良いといわれています。
 
 例)結婚式などー送られた側が、誰からの物かすぐ判断する必要があるとき

まとめ

今回の「内のし」「外のし」のお話をお中元を贈るときに当てはめると、

・直に渡したいときは「外のし」で
・郵送や宅配などで送りたいときは「内のし」で
ということになりますね。

ただし、最初にお話ししたように土地の風習も関係してくるので、相手の方がどんな反応をされるかどうしても不安な場合は、前もって調べておくことをおすすめします。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

山ヒルに噛まれたら対処法は?血が止まらないのはなぜ?
noimage
デコパージュの石鹸を100均で作ってみよう♪|必要な材料とコツは?
noimage
お中元のお礼状の書き方は?お返しする場合金額は?いつまでに渡す?
車の暑さ対策グッズ|ダッシュボードも保護するサンシェード~吸盤付
梅雨は食中毒に注意 原因は?しっかりと予防・対策を
しゃっくりの止め方~二人だから出来る方法~質問する?驚かす?
noimage
noimage
熱中症|高齢者の症状と見分け方は?水分補給で有効な対策は?
noimage
大阪の海遊館にJR大阪駅から市営バスを利用して行ってみた
ココアってカフェインが入ってるの?|寝る前に飲んでも大丈夫?
離乳食の初期は一回食をどの時間帯で食べさせたらいいの?

Menu

HOME

TOP