はじめての蓄膿症|飲み物でおすすめなものは?


「鼻の奥が臭うんだけど、自宅でできる蓄膿症対策はないかな?」

その場合、”蓄膿症対策によく利用される飲み物を試してみる”という方法が始めやすくて良いですよ。

今回は、蓄膿症対策におすすめの飲み物をご紹介します。

スポンサードリンク

蓄膿症の方におすすめの飲み物

蓄膿症対策におすすめの飲み物といえば、

なた豆茶と呼ばれる健康茶です。

どうしてなたまめ茶が蓄膿症対策に向いているのかというと、

なたまめ茶に含まれている「カナバニン」という成分が特に関係しています。

カナバニンに期待できる作用には主に
・抗炎症作用
・排膿作用

があります。

これって、蓄膿症の症状にはとてもマッチしていますよね。

蓄膿症といえば、
何かのきっかけで鼻の奥周辺に広がっている空洞(副鼻腔)に細菌が入りこんで炎症を起こし、そこに膿が溜まるようになりやがて嫌な臭いがするようになる症状です。

つまり、蓄膿症になった主な原因は炎症と溜まった膿です。

なたまめ茶に含まれたカナバニンは”炎症”と”膿”のどちらにも働きかけてくれるわけですから、蓄膿症対策・予防にもじゅうぶん期待できる飲み物だと言えそうですね(^^)

スポンサードリンク

また、なたまめ茶には「免疫力を高めてアレルギー症状を緩和」させる作用も期待できます。

なので、花粉やハウスダスト、ダニといったアレルギーが原因で蓄膿症になった方には、なたまめ茶は特に合っているのではと思います。

「健康茶って体に良いかわりに苦くて美味しくないんじゃない?」と思われるかもしれませんが、なたまめ茶は香りが良くて渋みも少ないので、健康茶の中でもかなり飲みやすい部類に入ると思いますよ(^^)

蓄膿症独特の”鼻の奥が臭う”という症状が改善するまでの間、普段の飲み物をなたまめ茶に切り替えてみてはいかがでしょうか。それも、蓄膿症が慢性化する前の段階からなたまめ茶を飲む習慣をつけておくと、より効果的だと思います。

最後に、なた豆茶とは反対に「蓄膿症の症状がある間はあまり飲まないほうがいい飲み物」も3タイプご紹介しておきますね。

①アルコール飲料
アルコールが原因で①鼻づまりがひどなる②炎症を起こした部位が悪化する(粘膜の肥大化)といったデメリットが生じることがあります。

②カフェインを含む飲み物
蓄膿症は体力や免疫力の低下が原因であることが多いのですが、カフェインには胃を弱らせて免疫力を低下させる副作用もあるので、症状が悪化してしまう可能性があります。

コーヒー以外にも紅茶や緑茶、コーラなどもカフェインが含まれています。

今回ご紹介したなたまめ茶はカフェインゼロですよ(^^)

③炭酸飲料
「シュワシュワ」した刺激は普段は心地良いですが、蓄膿症のときに飲むと炎症を悪化させてしまう事があります。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

冷え性と膀胱炎の予防に足つぼを自宅で手軽にやる方法
脇の臭いが洗っても消えない対策男性編 私が効果を感じた対処法
睡眠が浅い原因は食事にアリ?改善に必要な栄養素は何?
オーラルデントは口臭だけでなく歯ぐきの健康にも効果あり?
肌の黒ずみが気になっても角栓を無理に取ってはいけない理由は?
大人の昼寝で理想的な時間と姿勢は?すっきり起きる方法は?
おしりの黒ずみを解消するために気をつけたいポイントは?
冷え性と不眠をまねく意外なモノとは?原因が分かれば怖くない
冷え性対策に使う入浴剤の効果を高める方法 選び方とおすすめは?
冬の乾燥からお肌を守ろう 知っておきたい洗顔の注意点は?
化粧品って何ヶ月もつの?使用期限は開封後でどのくらい?
アーモンドは髪の健康にも効果的なの?1日の摂取量と保存方法
青髭の原因は何?脱毛以外で目立たなくする方法は?
手汗がひどい時は手洗いにもうひと工夫
腹式呼吸のやり方のコツは?歌声にも良い影響があるの?

Menu

HOME

TOP