旦那が仕事のストレスで体調を崩しそう!自宅で出来る対策は?


最近、旦那の体調がおかしい

仕事で毎日帰りが遅いのに、夜はあまり眠れていない様子。

そんな状態が続くと、旦那はもちろん一緒に暮らす家族への影響も気になりますね。

今回は、旦那さんの体調管理に役立つ”自宅でできる対策”をご紹介します。

旦那が仕事のストレスで体調を崩しそう!

今回は旦那さんの睡眠の質を向上させることで体調の回復を図る方法をご紹介しようと思います。

睡眠の質を上げるには、「セロトニン」と呼ばれる物質を体内でたくさん作ることが大切になります。

セロトニンには、とても変わった特徴がありますよ。

【セロトニンの特徴】

・食事でトリプトファン(人体では作られない)やビタミンB6、ナイアシンやマグネシウム等の栄養を摂取することで作られる

・起床後すぐに太陽の光を浴びると活性化する(特に起床直後の30分間)。

・朝は”覚醒させる”働きがあるので、午前中をスッキリと過ごすことができる。そして夜になると(朝に日を浴びてから14~16時間後)セロトニンからメラトニン(睡眠ホルモン)へと変わり、心地良い睡眠を促すよう働く。

セロトニンの効果を発揮させることができれば、朝もスッキリした気分・体調で過ごすことができるので寝坊や二度寝の防止になり、仕事への集中力向上も期待できます。

そして、夜には睡眠ホルモンのメラトニンがしっかり作用するので(明るい光に当たらないことが条件)仕事の疲れも回復しやすくなります。

セロトニンがしっかりと働くと、生活のサイクルに好循環が生まれるわけですね(^^)

そして、セロトニンを活発にするには朝の日光浴が特に効果的ですが、これにはもう一つのメリットがあるんです。

それは、
体内時計がリセットできること。

不思議な話ですが、私たちの体内時計は24時間よりも長いため、何も対策をしないでいるとどんどんズレてしまい、最終的には夜型(夜は目が冴えて日中に眠くなる)になってしまうんだそうです。

それを防ぐのに有効な手段が朝の日光浴というわけですね。

起床直後の30分間のうちに光を浴びることができれば、体内時計はリセットされるので、その結果生活サイクルが乱れにくくなり体調管理も楽になりますよ(^^)

自宅での旦那のストレス対策におすすめ

ただ、「起床後に日光浴」といっても、仕事が忙しい旦那さんには難しいかもしれませんね。

少しでも長く寝ていたいでしょうし(^_^;)

そんなときは、

intiSQUARE

という商品が便利です。



こちらは、日光浴と同じ効果を室内で手軽に得ることができる光の目覚まし時計です。

これだと、朝ベットで目が覚めたときから”日光浴”が始まるのでとても楽ですね(^^)

慣れてくると、音がなくても光だけで起きれるようになるので、毎日大きな音で起こされるというストレスも解消できますよ。

体内時計をリセットするには、2,500ルクス以上の光が必要です。

この光の強さは、室内の照明では全然足らないそうですよ。

夜中のあかあかとしたコンビニの灯りでも1,500ルクスですから。

さらに、旦那さんが身支度で忙しいときは、食事中に浴びることだってできますよ(テーブルに置いたり壁に掛けたりできます)

食事があってこその効果です

セロトニンを活性化させるには、朝直後に日光浴をすること。

そして、食事で
・トリプトファン(バナナ・乳製品・アーモンド・レバー類・ナッツ等)

・ビタミンB6(肉類・ごま・あずき・まぐろ等)

・ナイアシン(ピーナッツ・スルメ・まぐろ・たらこ等)

・マグネシウム(海藻・豆類・スルメ・なまこ等)

をしっかりと摂ること。

この二つの条件が合わさることが何よりも大切です。

運動ができれば更に効果アップ♪

通勤時の移動中や、休日の家族でのお出かけなどで、歩く機会を増やすことができればセロトニンの活性化につながりますよ。

そのときのポイントは、

・リズミカルに歩くこと

・動きと呼吸を合わせること

が大切です。

セロトニンは、単調な動きをリズミカルに行うと活発になります。呼吸を意識するようになると、深い呼吸になるきっかけにもなるので健康効果はかなり高いのではと思います。

また、セロトニンは、近い距離で人と触れ合うことでも活性化されます。

休日に、家族で手をつないでウォーキングというのもオススメですよ(^^)

まとめ

セロトニンの材料となるトリプトファン、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムを食事でしっかりと摂る。

それに加えて朝の起床後30分間に強い光を浴びる習慣をつけると睡眠物質メラトニンの活性化につながり心地良い睡眠が出来るようになります。

さらに、朝の日光浴には体内時計をリセットさせる作用があるので、生活サイクルを整えて健康な身体になるように活用しましょう。

仕事が忙しくて朝の日光浴をする時間がないときは、光の目覚まし時計(intiSQUARE)で毎日手軽に光を浴びるという方法もありますよ。

単調でリズミカルな運動も、セロトニンの活性につながるのでオススメです。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

室内犬のお留守番 暑さ対策は?扇風機は有効?|散歩の注意点
noimage
梅雨の時期も熱中症になる人が意外と多い理由は?
部下からお歳暮が届いた場合お返しは必要?お礼状の文例は?
高齢者|念入りに紫外線対策を!気をつけたい時期と乾燥について
noimage
noimage
バランスボール 75cmサイズを椅子代わりに使ってみた感想 レビュー
コンビニスィーツ セブンイレブンのさつまいもこを食べた感想
noimage
赤ちゃんがアトピーのときスキンケア方法は?石鹸はどうする?
noimage
すだち風呂でリラックス効果を楽しむ|美肌のメリットも
夏の停電に備えて|赤ちゃんのミルクや暑さ対策をどうする?
掃除|重曹とクエン酸の使い分け方 混ぜるのは危険?注意点は?

Menu

HOME

TOP