赤ちゃんはインフルエンザにかかるの?予防接種は何歳から?


毎年寒い季節が近づくと「今年のインフルエンザはどうだろう?」と気になり始めます。

特に、抵抗力がまだ弱い小さなお子さんをお持ちのご家庭では切実な問題ですよね。

ところで、生まれたばかりの赤ちゃんはインフルエンザにかかるのでしょうか?

スポンサードリンク

赤ちゃんはインフルエンザにかかるの?

赤ちゃんもインフルエンザにかかるのかという疑問ですが、

新生児でもインフルエンザにはかかります。

生まれてから3ヶ月位までの赤ちゃんは母乳を通して免疫物質を受け取るので病気に強いと言われていますが、インフルエンザに関しては残念ながらかかる可能性があるそうです。

インフルエンザの症状としては、
・高熱(38度以上の高熱が急に出ることも)
・頭痛
・倦怠感(鳴き声が弱くなります)
・関節痛
・吐き気
・嘔吐・下痢など…
また、赤ちゃんの時期で怖いのが、
インフルエンザ脳炎・気管支炎・肺炎といった合併症を起こすケースです。

■インフルエンザ脳症に注意
特に死亡率が高く、治療後も後遺症が残ることがあるとても怖い病気です。
・痙攣
・意識障害
・異常行動
といった症状があらわれるのが特徴です。

進行が早い病気なので、症状に気づいたら急いで医療機関に連絡する必要があります。

また、赤ちゃんの場合「原則として1歳未満は限られた治療しか受けられない」というデメリットがあります。出来ることといえば対処療法として解熱剤で症状を緩和させるくらいなんだとか。

※解熱剤はインフルエンザ脳症を引き起こす原因になるケースもあるそうです。個人で使用するときは必ず医師に症状を説明し了承を得てから使用しましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種|赤ちゃんは何歳から?

インフルエンザの予防といえば、まずは予防接種が思い浮かぶかと思いますが、
赤ちゃんの場合インフルエンザ予防接種が受けることができるのは
生後6ヶ月以降となります。

しかも、肝心の予防接種の効果に関しては、1歳まではまだ抗体のでき方が不十分なため効果が低いと言われています。

その為、いつから予防接種を受けさせるに関しては、ご両親の判断次第ということになります。

「インフルエンザが流行する時期は赤ちゃんを外出させず予防を徹底する」という対策をとって予防接種を利用しない方もいらっしゃいます。

「気管支炎やインフルエンザ脳症等のリスク軽減を最優先させたい」という考えで予防接種を受けさせる方もいらっしゃいます。

もしも予防接種を受ける場合は、3週間ほど間隔をあけての2回注射が免疫がつきやすいとされています。

また、赤ちゃんがインフルエンザになってしまったときのタミフルの使用についてですが、病院によって方針が異なり処方してくれる所とくれない所と分かれるようです。

タミフルを処方する病院は、体への影響はもちろん心配だけど重症化の回避を優先するということなのでしょう。

タミフルの副作用を考慮して使用しない方針の病院もあるようです。

こういった事情を知ると、インフルエンザの赤ちゃんへの影響は本当に大きいなと思います。

できることなら家族で一致団結して予防を徹底させたいところですね。手洗い・うがいといった基本から室内の湿度管理まで(インフルエンザ対策には湿度50~60%が最適)徹底させて、赤ちゃんをインフルエンザの脅威から守りましょう。

まとめ

・新生児でもインフルエンザにかかります。重症化しやすいので注意が必要です。

・赤ちゃんの予防接種は原則6ヶ月から。
しかし1歳までは抗体が不十分なため効果はあまりないと言われています。

・赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせるか、そしてもしインフルにかかったときにタミフルを使用させるかどうか。
ご夫婦で一度話し合って方針を決めておくといいですな。

・インフルエンザによる赤ちゃんへの負担は大きくなる可能性が高いので、ご家族で予防を徹底することが何よりの対策となります。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

冷え性と不眠をまねく意外なモノとは?原因が分かれば怖くない
シアバターの効果と紫外線との関係 日焼け止めとして使えるの?
青髭の原因は何?脱毛以外で目立たなくする方法は?
体臭の原因になる食べ物は?もしかしたら食べ過ぎてるかも!
腹式呼吸のやり方のコツは?歌声にも良い影響があるの?
寝つきが悪い時の解消法! 眠れないときは爪もみでリラックス♪
冷え性対策に使う入浴剤の効果を高める方法 選び方とおすすめは?
アーモンドは髪の健康にも効果的なの?1日の摂取量と保存方法
手汗がひどい時は手洗いにもうひと工夫
冬の乾燥からお肌を守ろう 知っておきたい洗顔の注意点は?
冷え性対策の入浴は温度設定とお風呂上りの一工夫が効果的♪
お風呂上り|なかなか汗が引かないので困る人の汗っかき対策
スピルリナってなぜ人気なの?どんな効果が期待できるの?
糖尿病がどうして危険なのか理由を分かりやすく教えて
スピルリナは食前と食後どちらのタイミングで飲むと良い?

Menu

HOME

TOP