ココナッツオイルには体脂肪を燃焼させる効果があるの?


ココナッツオイルを使ってみたけど痩せなかった

そのような話も聞きますが、それはもしかしたらココナッツオイルでダイエット効果を得る際のポイントを外してしまっているのかもしれません。

今回は、ココナッツオイルがどのような形でダイエットに役立つのかをご説明します。

スポンサードリンク

ココナッツオイルを摂ると体脂肪を燃焼できる?

ココナッツオイルをダイエット目的で利用するときは、ココナッツオイルがどう身体に作用するのかを知っておくことが大切になります。

ポイントは二つあります。

一つ目は、
ココナッツオイルが体脂肪を燃焼させるわけではないこと。

ここを間違ってしまうと大変です。

ココナッツオイルは”太りにくい油”ではありますが、それでも”脂質”であることには変わりありません。

なので、「ダイエットに良いはずだから」と思って普段の食事に加えてココナッツオイルをたくさん摂取してしまうと脂質の摂り過ぎでもちろん太りますのでご注意くださいね。

そして二つ目は、
ココナッツオイルは糖質制限ダイエットをしている方が摂取することで初めてダイエット効果を発揮できるということ。

ココナッツオイルで痩せる効果を得るには、”糖質を制限する”という条件がつくというわけですね。

スポンサードリンク

糖質制限を実践して食事や間食で甘いものやご飯・パン・麺類などの主食を控えるようになると、体内ではタンパク質や脂質からなるケトン体が作られて不足した糖質の変わりにエネルギーとして活用されます。

ケトン体を作るために体脂肪が分解されるので、痩せやすくなるわけですね。

そして、このように「糖に代わってケトン体を活用しよう」と身体が働いているときにココナッツオイルを摂ると効果的なんです。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸には「腸からすぐ肝臓へ運ばれてケトン体となりエネルギーとして活用される」という性質があります。

ケトン体には「糖質が欲しい」という欲求を抑制する働きがあるので、糖質制限ダイエットが楽におこなえるようになるというわけです。

それに、「すぐに肝臓へ運ばれる」ので中鎖脂肪酸はエネルギーとして使われるスピードが早いです。摂取後3時間で分解のピークを迎えると言われています。

すぐにエネルギーになるということは「身体に貯まらない」ということなので、「痩せやすい体質になれる」と言えますよね(^^)

まとめ

・ココナッツオイル自体が体脂肪を燃焼させるわけではありません。

・ココナッツオイルは、”糖質制限を実践中”という条件がついてこそダイエットの効果を発揮します。

・ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の働きでケトン体として糖質の代わりに素早くエネルギーとして使うことができるので、体脂肪として保存されませんしダイエット中にも関わらず空腹感を感じにくくなります。

そのため、ダイエットが成功する確率がアップすると考えられています(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

手汗がひどい時は手洗いにもうひと工夫
睡眠が浅い原因は食事にアリ?改善に必要な栄養素は何?
寝つきが悪い時の解消法! 眠れないときは爪もみでリラックス♪
冷え性対策におすすめの飲み物は?カフェインを控える理由は?
コラーゲンの動物由来と魚由来の違いは?
血糖値が急激に上がると太るのはなぜ?上げない食事のコツは?
鼻に黒ずみが出来やすい理由とその対処法 ケアの注意点は?
冷え性と膀胱炎の予防に足つぼを自宅で手軽にやる方法
冬の寒さ対策 布団が重いと良く眠れない!寝心地を改善するには?
赤ちゃんはインフルエンザにかかるの?予防接種は何歳から?
はじめての蓄膿症|飲み物でおすすめなものは?
おしりの黒ずみを解消するために気をつけたいポイントは?
オーラルデントは口臭だけでなく歯ぐきの健康にも効果あり?
いちご鼻を改善する為に中学生の時期はどんな事に注意したらいいの?
シアバターの効果と紫外線との関係 日焼け止めとして使えるの?

Menu

HOME

TOP