オメガ3脂肪酸が私たちの健康に大きなメリットとなる理由は?


オメガ3脂肪酸は「身体に良い油」とよく言われますが、私たちの身体にどんなメリットがあるのでしょうか?

今回は、私たちが普段摂る機会が多いオメガ6脂肪酸に対してオメガ3脂肪酸がどう影響するのかを見ていきます。

それによって、オメガ3脂肪酸を摂るときのコツも見えてきますよ(^^)

スポンサードリンク

オメガ3脂肪酸を摂るとどんなメリットがあるの?

私たちの食生活では、オメガ6脂肪酸を摂り過ぎる傾向にあると言われています。

オメガ6脂肪酸の油としては、
・サラダ油
・紅花油
・コーン油
・ひまわり油
などがあります。

これらにはリノール酸が含まれています。

それに、
・市販の惣菜や揚げ物
・スナック菓子
・菓子パン
・インスタント系
などにもオメガ6が含まれたものが多いです。

外食が多い」というのも、オメガ6脂肪酸の過剰摂取に繋がると言われています。

オメガ6脂肪酸は身体の健康の為に必要な脂肪酸のひとつではありますが、過剰摂取をしてしまうと悪さをするんですね。

オメガ6のリノール酸を原料にして「アラキドン酸」と呼ばれる脂肪酸が身体の中で合成されるんですが、オメガ6の過剰摂取がこのアラキドン酸を暴走させて「炎症」を起こし、

・動脈硬化
・アトピー性皮膚炎
・花粉症
・鼻炎
などを発症するリスクを上げてしまいます。

先ほどご説明したように、私たちが普段口にする食べ物は、よほど意識しないとオメガ6脂肪酸に偏ってしまう傾向にあると言えます。

オメガ6脂肪酸の摂り過ぎは私たちの健康を害する原因となってしまいます。

そこで、この問題を解決するために特に有効なのがオメガ3脂肪酸なんです(^^)

スポンサードリンク

オメガ3脂肪酸VSオメガ6脂肪酸

オメガ3脂肪酸といえば、青魚に多く含まれるDHAやEPA、そしてアマニ油やエゴマ油に含まれるαリノレン酸があります。

そして、今回の「オメガ6脂肪酸の摂り過ぎ問題」に上手く対応してくれるのがEPAです。

EPAには”炎症を抑える作用”があるので、オメガ6脂肪酸を摂り過ぎて起こる炎症(アラキドン酸が原因)を抑えてくれるんですね(^^)

そして、オメガ3脂肪酸を摂るときのポイントは、
オメガ3を増やしつつオメガ6を減らすこと
にあります。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸はお互いに競合する関係にあります。

つまり、せっかくオメガ3脂肪酸を摂るようにしても、オメガ6脂肪酸の摂取量が多いままだと効果が出にくいんですね。

また、オメガ3脂肪酸は”いい油”ですが、オメガ3を摂ることで一日の脂質摂取量のトータルが増えてしまっては、やはり身体に悪いと思います。

脂質の摂取量が多すぎると肥満や心疾患のリスクを高めてしまいます。

なので、
・オメガ3脂肪酸を積極的に利用する
・オメガ3脂肪酸を使う分、オメガ6脂肪酸を減らすようにする
という二つの条件が揃って始めて「健康にメリットがある」と言えると思います。

理想としては、オメガ3とオメガ6を摂る比率が「1:4」になるようにしたいですね(^^)

オメガ6脂肪酸を減らすには、やはり加工食品を控えるのが一番です。特に、間食はお菓子類の代わりにクルミ(オメガ3のαリノレン酸が豊富)などのナッツ類を利用するのがおすすめですよ。

外食もなるべく減らすようにすると効果が高いですね。

また、加熱調理に使う油についてですが、オメガ3脂肪酸であるアマニ油やエゴマ油は残念ながら加熱調理にはあまり向いていません。

その代わりとして、オメガ9脂肪酸のオリーブオイルや中鎖脂肪酸が豊富なココナッツオイルを利用してみると良いですよ。

まとめ

・オメガ3脂肪酸は、私達が過剰に摂取しがちなオメガ6脂肪酸の「炎症を起こす」というデメリットに、EPAの「炎症を抑える」というメリットで対抗してくれます。

・オメガ3脂肪酸を摂取する効果を活かすためにも、
「オメガ3脂肪酸を増やしつつオメガ6脂肪酸を減らす」ことを意識してみましょう。

・理想は、オメガ3とオメガ6の摂取量比率を「1:4」にすることです。

オメガ6脂肪酸の摂取量を減らすのはなかなか大変かもしれませんが、それによって得られる健康効果には素晴らしいものがありますので、ぜひ取り組んでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

化粧品って何ヶ月もつの?使用期限は開封後でどのくらい?
大人の昼寝で理想的な時間と姿勢は?すっきり起きる方法は?
手軽さが嬉しい!動脈硬化の予防が期待できる便利な食べ物は?
オーラルデントは口臭だけでなく歯ぐきの健康にも効果あり?
ガムを噛むことで良い影響があるなと私が感じたこと【体験談】
脇の臭いが洗っても消えない対策男性編 私が効果を感じた対処法
アトピー肌に使う保湿クリームはシアバターがおすすめ 効果は?
青髭の原因は何?脱毛以外で目立たなくする方法は?
冷え性対策に使う入浴剤の効果を高める方法 選び方とおすすめは?
ココナッツオイルには体脂肪を燃焼させる効果があるの?
睡眠が浅い原因は食事にアリ?改善に必要な栄養素は何?
40代の体臭対策に私がおすすめしたい飲み物【体験談】
シアバターの効果と紫外線との関係 日焼け止めとして使えるの?
おしりの黒ずみを解消するために気をつけたいポイントは?
いちご鼻を改善する為に中学生の時期はどんな事に注意したらいいの?

Menu

HOME

TOP