子供と海を楽しむ|日焼け・熱中症対策 おすすめグッズなど

夏本番、家族で海に遊びに行こう!

自然とふれ合うことは子供にとって貴重な経験になりますね。その一方で、熱中症や紫外線からお子さんを守る必要があります。海水浴は特に肌のケアが大切なイベントです。

今回は、小さなお子さんと海水浴を楽しむときの注意点や、準備しておきたいグッズをご紹介していきます。

スポンサードリンク

子供と海を楽しむ|日焼けから肌を守るために

海水浴で特に注意したいのは”日差し”と”温度”。日焼け対策と熱中症対策はしっかりと行いましょう。

【日焼け対策】
■日焼け止め
汗や水に強く落ちにくい”ウォータープルーフの日焼け止め”がおすすめです。休憩中に日焼け止めクリームを塗り直しましょう。

■肌の露出をなるべく抑える。
①”子供用の長袖ラッシュガード”が日焼けから守ってくれます。

※海から上がったあとラッシュガードを着ていると身体が冷えてくることがありますので、寒くないか聞いてみましょう。寒そうでしたら、日陰で休むときに脱がせてあげてください。ラッシュガードは脱ぎ着しやすいジッパータイプがおすすめです。

②帽子は”フラップ付き”を選ぶと首の日焼けも防げます。

③薄手の長袖の上着を準備しておくと便利です。

お子さんが日焼けをしてしまったらまずは日陰へ移動。日焼けは火傷と同じなので十分に冷やしてあげます。

スポンサードリンク

■保冷剤又は氷をタオルでくるんだものを当てる

■水道があれば流水やタオルを濡らして当てる

■ほてりがおさまってきたらアフターサンローションで肌のケアを

もし途中で曇ってきても日焼け対策は継続しましょう。曇りでも紫外線の影響は十分ありますので要注意です。

子供と海を楽しむ|熱中症対策

【熱中症対策】
■麦茶やスポーツドリンクを薄めたもので水分補給

■塩飴で塩分補給

■サンシェードで日陰を確保

■休憩時間をしっかりとる
休憩を取らずに長時間遊ばせるのは危険です。休憩中は、お子さんの顔色や様子を観察してなるべく水分を摂るよう促しましょう。

子供と海を楽しむ|その他のおすすめグッズ

【おすすめグッズ】
■脱げないサンダル
かかとで留められるタイプのサンダルで、石や地面に落ちている物で足を怪我することがないよう保護します。砂やコンクリートの熱からも足を守ってくれます。

■腕につける浮き輪(アームリング)
海で一緒に遊ぶ時も、万が一のためにお子さんの腕に浮き輪をさせておくと安全です。

まとめ

事故や体調に気をつけてお子さんとのでの楽しいひとときを過ごしてくださいね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ローソンのウチカフェスイーツ/生チョコ純生クリーム大福の感想
猫の熱中症の症状は?体温はどうなる?応急処置について
新生児ニキビの原因とケア方法 薬を使わなくても大丈夫?
noimage
赤ちゃんの熱中症予防|クーラーや扇風機の上手な使い方と注意点
お中元のお礼状の書き方は?お返しする場合金額は?いつまでに渡す?
牛乳が苦手な小学生の子供に試してみたい方法
お彼岸に結婚祝いを渡すのはタブーなの?マナーで気をつける事は?
スーツの長期保管でカビを防ぐ方法|クリーニングのしみ抜き料金は?
カーテンについた花粉を取る|掃除機のかけ方について
室内犬のお留守番 暑さ対策は?扇風機は有効?|散歩の注意点
夏野菜で熱中症予防には”きゅうり”が有効 食べ合わせは?
高齢者|念入りに紫外線対策を!気をつけたい時期と乾燥について
食中毒の予防|おにぎりを握るときの注意点 お弁当の保存法など
バランスボールを椅子に|机の高さとサイズが大事 デメリットは?

Menu

HOME

TOP