大文字の送り火 2015|日程は?いつから行われていたの?

091300
お盆に帰ってきたご先祖さまをふたたびあの世へとお送りする「送り火」。

大文字山(如意ケ嶽)の「大文字の送り火」は京都の夏の夜空を照らす「五山送り火」の中でも特に有名です。

スポンサードリンク

大文字の送り火2015|日程は?

”祇園祭”とともに京都の夏を彩る「五山送り火」は、毎年お盆の8月16日に先祖の霊を送り火とともに返す(精霊送り)大切な行事です。

2015年は日曜日になりますね。

”五山”とは
大文字山(京都市左京区浄土寺)~”大文字”の送り火

■西山及び東山(京都市左京区松ヶ崎)~”妙法”の送り火

■船山(京都市北区西賀茂)~”舟形”の送り火

■左大文字山(京都市北区大北山)~”左大文字”の送り火

■曼陀羅山(京都市右京区嵯峨鳥居本)~”鳥居形”の送り火
のことを指します。

大文字の送り火は大文字山(如意ヶ嶽)の中腹に七十五か所の火床を設けて午後8時頃にいっせいに点火します。京都の夜空におおきな「大」の字が浮かび上がります。

”大文字”を時計盤の「3時」の位置、”鳥居型”を「9時」の位置として見てみると、反時計回りの順番に5分づつ間隔をあけて点火されていきます。

天候により左右されますが、概ね上記の点火時間から30分間灯されます。

スポンサードリンク

大文字(20時点火)

妙法(20時05分点火)

舟形(20時10分点火)

左大文字(20時15分点火)

鳥居型(20時20分点火)

s-大文字 - コピー

大文字の送り火はいつから行なわれていたの?

以外に思われるかもしれませんが大文字の送り火には公式の記録が存在しておらず、いつから、何のために始めたのかについてはとされています。

平安時代か室町時代に起源があるのではともいわれています。こんなに存在感のある行事の記録がないなんて本当に不思議ですね。

護摩木と厄除け

■護摩木
最初の点火用として松の護摩(ごま)木が用いられています。名前と持病を記して送り火で燃やせば病が治ると言われています。

護摩木は、それぞれの山で受付方法が異なります。
※妙法では護摩木の受付はありません

大文字  
8月15日・16日(銀閣寺にて)

船形    
8月4日~16日(西方寺にて)

左大文字  
8月15日・16日(金閣寺にて)

鳥居形   
8月13日~16日(化野念仏寺にて)
※昨年度例のため要確認

■厄除け
火床に残った消し炭を、半紙などで包み軒先に吊るしておくと”厄除け”になるといわれています。

送り火の翌日に消し炭を求めて大勢の登山客が訪れます。

まとめ

ご先祖様をお送りする京都の”祈りの火”。ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

福岡県秋月城跡の紅葉を観にドライブ♪美味しいパン屋も紹介
新潟県 全国でも珍しい八角神輿|十日町おおまつり 2015年の日程
奈良県の三枝祭~ゆり祭り~2016年の日程・交通アクセスと見所は?
品川宿場祭り2016 花魁道中は何日?ホテル村の場所と子連れスポット
伊勢崎花火大会2016へ電車で|食事をどこでとる?コンビニはある?
noimage
七夕っていつまで飾るの?笹飾りの後始末|短冊と書道・裁縫
noimage
小倉祇園太鼓の打ち方  2016年の日程|映画「無法松の一生」から
きほく燈籠祭2016の人気花火”彩雲孔雀”とは 臨時駐車場はどこ?
尾張津島天王祭とは|2016年の日程と交通アクセス情報
大阪駅・梅田駅周辺で焼きそばがおすすめのお店は?
和歌山県で那智の扇祭り(火祭り)と周辺のパワースポットを楽しむ
山形大花火大会2016のチケット情報|桟敷席はまだある?出店は?
noimage

Menu

HOME

TOP