赤ちゃんとお出かけ|熱中症対策とベビーカー 便利グッズは?

気分転換に赤ちゃんと外へ散歩。

楽しいひとときですが、夏に入って気温が上がりだすと赤ちゃんの体調が心配になってきますね。夏に赤ちゃんと出かける際、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

今回は赤ちゃんとお出かけするときの熱中症対策をご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんとお出かけ|熱中症対策

真夏日の外出は避けるべきですが、用事で出かける必要があるときは、昼間はやめて朝か夕方に外出できるようスケジュールを調整しましょう。

赤ちゃんとお出かけ|ベビーカーの注意点

ベビーカーでの外出で注意したいのが赤ちゃんと地面との距離です。ベビーカーは低いので地面の熱の影響を受けやすいのです。赤ちゃんとお母さんとでは感じる暑さが違うことを常に意識して、赤ちゃんの定期的な体調チェックと水分補給を行うことが大切です。

【汗をかくということ】
人は3歳までに汗腺の開閉能力が完成すると言われています。「暑いなぁ」と感じて汗腺を開き、汗を出すことで体温を下げる。反対に「寒いなぁ」と感じて汗腺を閉じることで体温を上げる。

赤ちゃんにこれらの体験をさせてあげることで体調を調節する力が身につきます。

スポンサードリンク

赤ちゃんの体調がいいときは、ほどよく汗をかくことを体験させてあげる。真夏日はしっかりと熱中症対策をとりつつ冷やし過ぎになっていないかをチェックすることが大切ですね。

赤ちゃんとお出かけ|便利グッズは?

外出時に何にでも使えて便利なウエットティッシュ。赤ちゃんにも使えるようにアルコール不使用のものを常備しておきたいですね。

ベビーカーには”保冷ジェルを入れられるクッションシート”

熱中症対策として、濡らすと冷たくなるタオルや冷えピタ・保冷剤などが便利ですね。

外出先で保冷剤を使いたい場合は”叩くと冷えるタイプの保冷剤”がありますよ。使いたいタイミングを選べる優れものです。ストックとしても便利。

まとめ

真夏日のお出かけ時はしっかりと暑さ対策をして、赤ちゃんを熱中症から守りましょう。

熱中症対策に保冷剤はたいへん重宝しますが、冷やし過ぎにはくれぐれもご注意くださいね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

室内犬のお留守番 暑さ対策は?扇風機は有効?|散歩の注意点
お中元・お歳暮をやめたい|どちらからやめる?渡し方ひとつで違いが!
noimage
お中元を渡すときのマナー|内のし 外のし、どっち?
レンコンが花粉症に効果あり!|食べ方のポイントは?
noimage
喪中はがきが届いたらどう対応する?知っておきたいマナー
ハンドルを握った手が汗で滑るときの対策は?
花粉症にマスクは効果あるの?選び方と耳が痛いときの対処法は?
カーテンについた花粉を取る|掃除機のかけ方について
熱中症対策|水分補給に適した飲み物は?牛乳は高齢者にもおすすめ
熱中症の予防に経口補水液|手作り方法は?高齢者の脱水に注意
不二家のお菓子 3種のチーズのレアチーズタルトを食べてみた
離乳食を食べてくれない5ヶ月の赤ちゃんにできる簡単な工夫は?
さつまいも |ダイエットに効果的な理由は?食べ方にポイントが!

Menu

HOME

TOP