赤ちゃんとお出かけ|熱中症対策とベビーカー 便利グッズは?

気分転換に赤ちゃんと外へ散歩。

楽しいひとときですが、夏に入って気温が上がりだすと赤ちゃんの体調が心配になってきますね。夏に赤ちゃんと出かける際、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

今回は赤ちゃんとお出かけするときの熱中症対策をご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんとお出かけ|熱中症対策

真夏日の外出は避けるべきですが、用事で出かける必要があるときは、昼間はやめて朝か夕方に外出できるようスケジュールを調整しましょう。

赤ちゃんとお出かけ|ベビーカーの注意点

ベビーカーでの外出で注意したいのが赤ちゃんと地面との距離です。ベビーカーは低いので地面の熱の影響を受けやすいのです。赤ちゃんとお母さんとでは感じる暑さが違うことを常に意識して、赤ちゃんの定期的な体調チェックと水分補給を行うことが大切です。

【汗をかくということ】
人は3歳までに汗腺の開閉能力が完成すると言われています。「暑いなぁ」と感じて汗腺を開き、汗を出すことで体温を下げる。反対に「寒いなぁ」と感じて汗腺を閉じることで体温を上げる。

赤ちゃんにこれらの体験をさせてあげることで体調を調節する力が身につきます。

スポンサードリンク

赤ちゃんの体調がいいときは、ほどよく汗をかくことを体験させてあげる。真夏日はしっかりと熱中症対策をとりつつ冷やし過ぎになっていないかをチェックすることが大切ですね。

赤ちゃんとお出かけ|便利グッズは?

外出時に何にでも使えて便利なウエットティッシュ。赤ちゃんにも使えるようにアルコール不使用のものを常備しておきたいですね。

ベビーカーには”保冷ジェルを入れられるクッションシート”

熱中症対策として、濡らすと冷たくなるタオルや冷えピタ・保冷剤などが便利ですね。

外出先で保冷剤を使いたい場合は”叩くと冷えるタイプの保冷剤”がありますよ。使いたいタイミングを選べる優れものです。ストックとしても便利。

まとめ

真夏日のお出かけ時はしっかりと暑さ対策をして、赤ちゃんを熱中症から守りましょう。

熱中症対策に保冷剤はたいへん重宝しますが、冷やし過ぎにはくれぐれもご注意くださいね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

紫外線の目への影響は?サングラス以外にも対策グッズは必要?
夜の”眠れない”を改善してくれる?478呼吸法のやり方とその効果は?
フローリングにマットレスを直置きしても大丈夫? カビ対策・寝具編
ホッチキス針なしの仕組みは?|ハリナックスのメリット・デメリット
離乳食を五ヶ月から始めるのは早いの?アレルギーとの関係は?
U-NEXTの無料トライアルを利用中 私には危険です
自律神経を整える|腹式呼吸法が効果的なのはどうして?
noimage
赤ちゃんの首に湿疹ができた場合は病院に行った方が良い?
赤ちゃんの脂漏性湿疹の原因とケア方法 アトピーとの違いは?
バランスボールを勉強机の椅子にしてみた 夏は蒸れる?汚れに注意
食中毒の予防|おにぎりを握るときの注意点 お弁当の保存法など
夏の水分補給はココに注意!おすすめな飲み物は?
noimage
花粉症|秋はどんな種類の草が原因なの?風邪との見分け方は?

Menu

HOME

TOP