梅雨どきの洗濯物|部屋干し対策 臭いを抑えるコツは?

洗濯物が乾かない~(>_<)」 ジメジメとした雨が続く日本の梅雨。洗濯物を外に干せず、室内では乾くのに時間がかかる。そして梅雨どきの洗濯には臭い」というもう一つの問題が…

今回は”梅雨どきの洗濯物の臭いを抑える方法”をご紹介します。

スポンサードリンク

梅雨どきの洗濯物|臭い対策

梅雨どきの洗濯物が臭う原因のひとつとして”乾くまでに時間がかかる”が挙げられます。洗濯物が湿った状態が長いほど雑菌やカビが繁殖する可能性が高くなってしまいます。

まずは洗濯機で衣類を洗う前の状態をチェックしてみましょう。

■衣類を洗濯機に入れておかない
洗濯を開始するまでの間、洗濯機の中に衣類を入れっぱなしにしていませんか?

続いては洗濯したあとについて

■洗濯機に入れたままにしない
洗濯が終わってもすぐに取り出して干さずに洗濯機の中に入れっぱなしの時間が長いことはありませんか?

洗濯前、洗濯後のいづれも洗濯機の中に洗濯物を入れたままの状態は”湿った状態”という菌が好む環境を作り、洗濯機にも雑菌やカビが繁殖する原因になってしまいます。

■洗濯後はふたを開けておく
洗濯した後に洗濯槽のふたを閉めずに開けておけば洗濯機に湿気がこもるのを防ぎ、洗濯槽が雑菌やカビで繁殖するのを抑えます。

スポンサードリンク

部屋干しをした後はこんな方法が有効です。

■除湿器+扇風機
除湿器扇風機を併用することで、室内での洗濯物の乾燥が効果的に行なえて臭い予防につながります。
※除湿器や干し方についてはこちらの記事をどうぞ

梅雨どきの洗濯物|ちょっとしたコツで臭いも減ります

■洗剤の分量を守る
洗剤を沢山いれると汚れが落ちるイメージがあるかもしれませんが、量が多いと洗剤が溶けきらずに衣類に残り、臭いの原因となる場合があります。

■残り湯を使わない
風呂の残り湯は節水になり便利ですが、雑菌が多いのが難点。洗濯の際にその雑菌が衣類に移ってしまい匂いの原因となってしまいます。部屋干しで臭いが気になる場合は、残り湯の使用を控えてみましょう。

■洗濯物を詰め込まない
一度に洗おうとして容量以上に大量の洗濯物を詰め込み過ぎると、十分な洗浄ができず臭いの原因に。

■洗濯槽を定期的に掃除する習慣をつくる

まとめ

洗濯物の湿った状態は雑菌やカビがとくに好む環境です。

①放置せずに出来るだけ早く洗濯にとりかかる
②洗濯後も早めに干す

まずはこれを意識してみてくださいね。

洗濯物の臭いをしっかりと抑えて、ジメジメした梅雨を少しでも気分よく過ごしたいですね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

お中元を渡すときのマナー|内のし 外のし、どっち?
猫の熱中症の症状は?体温はどうなる?応急処置について
乾電池のアルカリとマンガンはどう使い分ける?併用してもOK?
歯磨き|磨き方の3つのポイント 虫歯・歯周病のリスクを減らそう
noimage
夏野菜で熱中症予防には”きゅうり”が有効 食べ合わせは?
セブンのベイクドチーズタルトを食べてみた【コンビニスイーツ】
お中元・お歳暮をやめたい|どちらからやめる?渡し方ひとつで違いが!
車の暑さ対策グッズ|ダッシュボードも保護するサンシェード~吸盤付
綿棒でおこなう耳かきのコツと注意点 毎日やって大丈夫?
熱中症予防にはうなぎが効果的|その他に食べ物でおすすめは?
ハムの冷凍方法と保存期間について 解凍はどうする?
初詣の帰りに初めて太宰府バーガーを食べてみた
山ヒルに噛まれたら対処法は?血が止まらないのはなぜ?
ブヨから身を守るための予防策|服装の注意点と刺されたときの対処

Menu

HOME

TOP