お中元・お歳暮をやめたい|どちらからやめる?渡し方ひとつで違いが!

お中元お歳暮で「贈るのをやめたいけど、どうやってやめたらいいんだろう?」と悩んでしまうことはありませんか?

「引越ししてから疎遠になって…」といった理由から、贈り続けるべきか迷う事もありますね。

「毎年贈り続けるのはかなりの負担」という意見もあります。

今回はお中元・お歳暮を贈るのをやめる手順や注意するポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

お中元・お歳暮|贈るのをやめたいけれど…

「急に贈るのをやめるのはやっぱり失礼になるのでは?」と相手の事を気遣ってやめれずにいるといったケースも多いかと思います。

今まで送ってきたものをやめるというのはとっても勇気がいることですね。

お中元・お歳暮は「感謝」を伝える行為です。
まずは感謝を伝える手段を「物を贈る」ことから「手紙を送る」に替える。

これからは手紙で感謝を伝えていこうという方向で考えてみてはどうでしょうか?

お中元・お歳暮|どちらかをやめるとしたら?

“贈る機会を減らして段階を踏んでいく”のもいい方法ですね。

もし、「まずはお歳暮、お中元のどちらかを贈るのをやめよう」と考えるとしたら、『お中元から辞める』が正解です。

お歳暮には『今年一年お世話になりました』という意味が込められていて、お中元よりも重要視されているからです。

スポンサードリンク
・まずはお中元を贈らずに暑中お見舞いを送る

・翌年にはお歳暮を贈らずに寒中お見舞い(又は年賀状)を送る

このように1つずつ段階を踏めば相手も嫌な気はしないと思います。

感謝の気持ちを手紙で伝えれば相手もこちらの気持ちを理解してくださるでしょう。案外相手も同じように考えていてこちらが行動に移した事でホッとしているかもしれませんねw

お中元・お歳暮|渡し方をひと工夫♪

最後に、
「どうしても一度だけ感謝の気持ちとして何か贈りたい」
というときの渡し方をご紹介します。

普段お中元(お歳暮)を贈る際はのし紙の表書きを『お中元(お歳暮)』にしていますが、

・どうしても一度は気持ちとして贈りたい
・でも、毎年続けるつもりはない

このような場合はのし紙の表書きを『感謝』や『お礼』にしましょう。

こうしておけば、この間はお世話になりました。と感謝の気持ちを伝えつつ、「これはお中元(お歳暮)ではありません⇒送り続けることはありません」とこちらの意思も伝わりますので相手に気を遣わせることもありません。

まとめ

お中元・お歳暮は感謝を伝える行為です。スパッと断りを入れるのはやはり気が引けますよね。

今回ご紹介した方法は「これからはもっと気楽な関係でいきましょうね」という気持ちを相手に伝えながら進めていけば上手くいくのではないかと思います。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

離乳食を食べてくれない5ヶ月の赤ちゃんにできる簡単な工夫は?
デコパージュの石鹸を100均で作ってみよう♪|必要な材料とコツは?
noimage
赤ちゃんの首に湿疹ができた場合は病院に行った方が良い?
梅雨|窓を開けるときの注意点は?カビや結露対策はどうする?
洗濯槽にカビが発生する原因とその対策|掃除方法と頻度は?
手汗対策でベビーパウダーを制汗剤代わりに塗ると効果あるの?
年賀状が故人宛に届いたら寒中見舞いで返事を。書き方と文例は?
noimage
スーツの長期保管でカビを防ぐ方法|クリーニングのしみ抜き料金は?
noimage
赤ちゃんの暑さ対策|保冷剤がお出かけに活躍♪ 夜の睡眠を快適に
お中元のお礼状の書き方は?お返しする場合金額は?いつまでに渡す?
会議前の眠気覚ましでいい方法は?睡眠不足でつらい時はコレ
重曹は除湿アイテムとしても効果的!再利用はできる?

Menu

HOME

TOP