梅雨時期も熱中症に注意!ポイントは湿度? 対策は?

s-117836
梅雨でも熱中症に注意!
熱中症が起こりやすいのは、8月の太陽が照りつける日中だけとは限りません。

以外に多い梅雨熱中症。どうして梅雨時期にも熱中症になってしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

梅雨も熱中症に注意が必要。どうして?

梅雨の時期に熱中症にかかる原因のひとつに「うまく体温調整ができない」が挙げられます。

8月のように暑い日が本格的に続くと、身体も汗をどんどん出すようになり暑さに慣れてきますが、6月はまだ熱くなりはじめたばかり。身体もまだ暑さに適応できていません。

身体は汗が出ないと上手く体温調節ができません。この状態が続くと熱中症になってしまう可能性が高くなります。

梅雨時期の熱中症|湿度にご用心

梅雨時期の熱中症で要注意なのが”湿度”です。

熱中症といえば気温が30度を超えるような日にかかるイメージが強いですね。ところが湿度が70~80%位まで上がった場合だと、さほど気温が高くなくても(25℃前後でも)熱中症にかかってしまうことがあります。


湿度が高い日は汗がなかなか乾きません。

高い湿度の為に汗が乾きにくい状態が続くと、身体は熱をじゅうぶんに発散できず、身体の中に熱がこもったままになってしまいます。この状態が熱中症にかかりやすい危険な状態なのです。

梅雨の熱中症|対策と注意点

【梅雨時期の熱中症対策】
①規則正しい生活

②こまめな水分・塩分補給

ウォーキングなど汗をかく機会を増やして熱中症に強い身体を作る

スポンサードリンク

■「運動」+「牛乳」がおすすめ
熱中症に強い身体とは、”体温調節機能が高い”ということです。体温調節機能を高めるのに必要なのが血液量です。

そして、血液量を増やすのに有効な方法が運動した後にたんぱく質を摂取する事。

チーズやヨーグルトもタンパク質を含んでいて効果がありますが、牛乳が最も吸収が良いのでおすすめです。

速歩き(少しきつく感じる程度)を30分した後、30分以内に300ml程度の牛乳を飲むのが理想的。

■運動時の注意
・涼しい時間帯を選びましょう

・飛ばし過ぎに注意
普段運動をしていない人が、急に激しい運動をすると身体に負担がかかります。「このくらいじゃ物足らないな」と感じる程度の運動量から始めるのがコツです。最初は”短い時間できつくない程度の運動”から始めて、少しずつ負荷と時間を増やしていきましょう。

9d375c9ec3d725b9b59f9ecdbe077a77_s

【梅雨時期に注意するポイント】
高温・多湿
 特に湿度の高い日は身体に熱がこもりやすく熱中症のリスクが高い

②梅雨の中休みなど、晴天時の急な温度上昇で熱中症になる事が多い

③梅雨明け直後の急激な温度上昇には特に注意

まとめ

梅雨は湿度の高い日や晴天時の急な温度上昇に注意が必要ですね。

夏本番の暑さに耐えられる強い体を作るためにも、梅雨入り前から少しずつ運動をしておくことが大切ですね。汗をかき体調をしっかり整えて、気分よく梅雨を乗り切りましょう(^_^)/

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

秋バテは夏バテより怖い?|どんな症状?温熱・食事・静養で回復しよう
noimage
さつまいもの保存方法|冷凍の注意点 賞味期限はどのくらい?
バランスボールを勉強机の椅子にしてみた 夏は蒸れる?汚れに注意
自律神経を整える方法|お風呂でストレスを解消するコツとは?
赤ちゃんの歯磨きはいつから始めたらいいの?
瓶のラベルのキレイな剥がし方|調味料入れに再利用したい♪
熱中症予防にはうなぎが効果的|その他に食べ物でおすすめは?
バランスボールは椅子から始めるのが正解かも|姿勢も良くなりそう♪
赤ちゃんのアトピー症状はいつから?原因が母乳の可能性は?
アトピーを持つ乳児を入浴させる際のポイントと注意点は?
お中元・お歳暮|お返しは必要?マナーは?断り方はどうする?
赤ちゃんが耳切れになった場合アトピー性皮膚炎が原因なの?
車の暑さ対策グッズ|ダッシュボードも保護するサンシェード~吸盤付
ハムスターの寒さ対策

Menu

HOME

TOP