入浴後のお風呂場のカビ対策|有効なのは換気扇?窓を開ける?

アドセンスリンク広告ユニット

ジメジメとした天気が続いて何だか気分もスッキリしない。

そんなときに、家の中にカビまで発生してたらたまらないですよね(-_-;)

カビは処置が面倒ですから、早めの対策をして予防しておきたいものです。

今回は、お風呂場のカビ対策をご紹介します。

お風呂場は使ったあとのケアが大切ですが、どんな方法がカビ防止には有効なのでしょうか?

また、風呂から上がったあとの対処は
「換気扇を使う」
「窓を開けて外の空気を入れる」
のどちらが良いのでしょうか?

スポンサードリンク

入浴後のお風呂場のカビ対策|3つのポイント


カビ対策に効果的な3つの方法をご紹介します。

【入浴後のカビ対策3箇条】

  1. 入浴後はシャワーのお湯で床・壁を洗い流し、その後水でもう一度洗い流す
  2. 残った水気を乾いたタオルで拭き取る
  3. 窓を開けて換気する。または窓を閉めて換気扇

1.入浴後はシャワーのお湯で床・壁を洗い流し、その後水でもう一度洗い流す

お湯と水のどちらも活用することで、

  • 石鹸やシャンプーの泡、人のアカにホコリなど、カビが好むものを除去する
  • 浴室内の温度を下げて、カビの繁殖を防ぐ

という効果が期待できます。

2.残った水気を乾いたタオルで拭き取る

こちらはとても面倒な作業ですね(^_^;)

夏だとせっかく汗を流してサッパリしたのに、また汗が出てきそう。

冬なら湯冷めしちゃいそうですよね。

ただ、余分な水気を取り除くこの作業は極めて効果的です。

とくに梅雨の時期は、この方法をぜひ取り入れてみてくださいね。
※拭き取ったタオルはしっかりと絞りましょう

お風呂のカビ対策 有効なのは換気扇?それとも窓を開ける?

3.窓を開けて換気。または窓を閉めて換気扇

最後が「窓を開けて換気する。又は窓を閉めて換気扇」ですが、

どちらも浴室内に空気の流れを作って湿気を取り除くために行います。

ここで
「窓を開けるのと換気扇を回すのと、どっちが効果的なの?」という疑問がでてきますが、これは住環境と浴室内の環境が大きく影響するので、

「ウチは窓を開ければすぐ乾くよ」

「私のところは換気扇がいいみたい」

といった具合にまったく違った結果が生じてきます。

なので、いちど実際にどちらの方法も試してみて、「乾きが早い」と感じた方法を採用しましょう。

以下は、”換気扇を回す”・”窓を開ける”ときのそれぞれの注意点です。

換気扇を回すときの注意点

換気扇を回すときは、ドアも閉めておきましょう。

換気扇が空気を吸い、わずかな隙間から空気が入ることで浴室内に空気の流れが生まれます。

その際にドアを大きく開けていると、換気扇の働きが弱まるのでご注意くださいね。

スポンサードリンク

窓を開けるときの注意点

窓を開けたほうが浴室の乾きが早い場合でも、雨が降って湿度が高くなるときは逆効果となるので、次のように対処しましょう。

  • 外より浴室が高湿度⇒窓を開ける
  • 浴室より外が高湿度⇒窓を閉める

その際、ご自宅に湿度計があればぜひ活用してください。

湿度を正確にチェックして、窓を開けるかどうかの判断をしたほうが確実ですから。
※カビの最適環境は温度25℃~28℃前後・湿度80%以上

浴槽内の道具や小物にも注意

カビ対策では、床や壁、天井に意識が向きがちですが、椅子や桶、入浴で使用する小物などもカビの住み家になることがあります。

特にシャンプー容器の裏など、床や棚と接している箇所には注意しましょう。

【カビが発生しやすい場所】

  • シャワーホースとスタンド
  • 浴室の椅子
  • 洗面器
  • シャンプーやボディーソープ等の容器
  • 石鹸置き
  • ラック
  • タオル掛け

また、
子どものオモチャなど浴室内に小物が多い場合は、カゴに小物やおもちゃをまとめて入れて、持ち運びできるようにしておくのも有効な方法です。

お風呂上りにカゴごと脱衣所に持ち出せば、浴室のカビ発生の減少につながりますね。

まとめ

今回は、主に以下の内容をお伝えしました。

  • シャワーのお湯で残った泡などを流し、シャワーの水で温度を下げる
  • 残った水気を乾いたタオルで拭き取る
  • 換気方法(換気扇をつけるor窓を開ける)の選択は状況を判断してから決める
    ※入浴道具にも注意

こうしたケアは、
「最後にお風呂に入る人が、キチンと対処する」
これにかかっているとも言えます。

ご家族がカビ予防のケアに協力してもらえるよう、声掛けをしておくことが大切ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク