高齢者|念入りに紫外線対策を!気をつけたい時期と乾燥について

アドセンスリンク広告ユニット

065942
最近では高齢者の熱中症による被害がテレビや新聞で取り上げられることが多くなり、しっかりと熱中症対策を行われる方も増えてきていると思います。

そんななか、熱中症と同じく高齢者に被害が出やすいのが「紫外線が原因の疾患」です。

今回は高齢者の紫外線対策についてのお話です。

スポンサードリンク

高齢者|紫外線の影響は?

私達の身体は、紫外線を浴び過ぎるとどうなるのでしょうか?

シミやしわの原因とはよく言われますが、その他にも腫瘍の原因となることがあります。そして、皮膚の疾患が注目されるなか見過ごされがちなのが“”です。

紫外線は白内障の原因の一つとも言われています。

>高齢者|紫外線に気を付けたい時期は?

春は紫外線の影響がなさそうなイメージですが、四月から夏にかけての時期でもかなりの紫外線がでているそうです。本当は四月ごろから夏本番と同じくらいの紫外線対策が必要なのですが…。

スポンサードリンク

「まだ大丈夫だろう」と油断することがないよう、早めの紫外線対策に取り組みましょう。

高齢者|紫外線と乾燥について

日傘をさす、帽子をかぶる、サングラスをかける、日焼け止めを塗るなど、基本的に紫外線対策のやり方に関しては子供や成人と変わりはありません。

ただし、注意することが1点あります。
それは高齢者は他の世代に比べて“油分が少なく肌が乾燥しやすい”ということです。

洗顔後は保湿液などで肌に潤いを与えてしっかりとケアすることが大切です。

まとめ

散歩や買い物で適度に身体を動かす事は、気分転換や身体の機能低下の予防につながりますね。
そこで更に紫外線対策をしっかりとしておけば、病気の予防にもつながり安心です。

皮膚に疾患を伴いやすい高齢者は特に紫外線対策をとる事が大切だというお話でした。

ただ、紫外線は完全な“悪者”というわけでもありません。
骨粗鬆症の予防に必要とされるビタミンDを体内で作るには、紫外線が必要であるといわれています。

紫外線を浴びることが悪いのではなく、”浴びすぎること”が悪いのです。

身体に必要な程度は浴びて、あとはしっかりと対策をして紫外線と上手く付き合うことが大切ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク