新築祝いを友人にあげるべきか迷った時の対処|贈り物は何をあげる?

アドセンスリンク広告ユニット

s-323277
友人へ贈る新築祝いですが、「あげる」「あげない」の判断が難しいときってありませんか?そこまで親しくない友人の場合だと「贈るとかえって迷惑かな?」と気になってしまいます。今回はそんな時の対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

新築祝いを友人にあげるべきか迷った時の対処について

友達にもいろいろいます。「親友」と呼べる大切な人、よく顔を合せるけど友達の知り合いでそこまで親しくない人。もっと親しくなりたいけどまだ打ち解け会えない人。こちらはあまり関わりたくないのに向こうがグイグイ来ることもありますねw

どこまでが「新築祝いを贈ってもいい友人」か判断するのって難しいですよね。そこまで親しくない場合だと結果が全く読めません。もしかしたらすごく喜んでくれるかもしれないし、残念ながら迷惑に思われるかもしれない。

新築祝いをもらった人は、そのお返しとして新居に招くのが正式なマナーとされています。そのため、そこまで親しくない人に気を使ってお祝いを贈ってしまうと相手に負担をかけさせてしまうことになります。それに、せっかく招いてもらったのに普段そんなに話したことがないので会話も弾まず……だとお互い気まずいですよね(^_^;)

わたしの場合は友人が新居を建てた話が出ると、まずは口頭でお祝いを伝えます。もしも話の流れで向こうから「こんど新しい家に遊びに来てよ」という誘いがあったら「新築祝いを贈っても迷惑じゃない」、誘いがなければ「これ以上踏み込むとかえって迷惑なので祝いは贈らない」と判断をつけるようにしています。仲良くなりたいなと思っている人でも、ここは我慢しておきます。

スポンサードリンク

新築祝いを友人へ|贈り物は何をあげる?

相手から新居へ招かれたら、今度は贈り物選びですね。

親しい友人ならある程度の好みも分かるし「新居で何か必要なものある?どんなデザインがいい?」と気兼ねなく聞けるので、品物選びも順調に進みますね。でも、そこまで親しくない友人だと趣味や好みが分からない場合が多いので難しいところです。わたしは”家具”や”インテリア”・”置き物”などは家の内装と合うかどうか、友人が気に入るかどうか分からないので避けています。

そして、一応ジンクスにも気をつけます。新築祝いの贈り物でタブーとされているのが”火事”を連想させるものです。例えば、キャンドルやライター、灰皿にストーブなどが挙げられます。”赤い花”など、火を連想する赤色の品物も控えた方が良さそうです。また、目上の人へ贈る場合にタブーとなる商品もあるので、念のためにチェックしておきます。

ジンクスは人によってかなり気にしてる場合があるので、こういった商品は避けておいた方が無難ですね。

贈り物としてオススメなのが”お酒”や”インテリア雑貨のカタログギフト”です。お酒を飲む人ならもらって困ることはないですし、カタログギフトなら商品の種類・デザインが豊富なので、相手が新居に足りないもので好きなデザインの商品を選べるのでいいと思います。

【新築祝い】
・表書き
「御新築祝」「祝御新居」「祝御新築」

・金額の目安(友人・知人の場合)
5,000~10,000円

まとめ

これから親交を深めたい相手でしたら、友人でも礼儀・マナーはしっかりと意識しておきたいところですね。特に新築祝いとしてタブーとされる商品には注意しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク