チベット体操3週目の感想 目が回るのには困った(汗)

アドセンスリンク広告ユニット

7fa3715c1fddf92d1630189c1d2d4cb0_s
チベット体操を始めて3週間目に突入しました。

ここまでは何も問題なく取り組めていたのですが、ひとつ問題が発生!

目が回ってしまうんです(@_@)

チベット体操で3週目に入った途端目が回るようになった どうしよう

「引き寄せ体質」を手に入れるべく取り組み始めたチベット体操

チベット体操は、「儀式」と呼ばれる5つのポーズを決められた回数で繰り返していくという、とてもシンプルな体操です。

最初の一週間は5つのポーズをそれぞれ三回ずつ行い、週が変わるごとに回数を二回増やしていきます。

今は三週目なので、3+2+2で7回行っているわけですね。

ちなみに21回まで増えると、回数はそれ以上増えることはありません。

チベット体操を開始して三週目に入った感想なのですが、

三週目に入ってから、急に目が回るようになってしまいました。

スポンサードリンク

チベット体操の第一の儀式(体操)では、両手を真横に広げた姿勢で立ち、コマが回るかのように身体を時計回りに回転させます。

第二週目の五回までは一切目が回ることもなく「楽勝、楽勝♪」と余裕だったのですが、更に回数が二回増えた途端、この第一の儀式で目がグルグルと回り出したのです(^_^;)

改めて原因を考えてみたのですが、

・回っているあいだ、立ち位置がズレていってる
・回転のスピードが速すぎる

といったことが原因なのかもしれません。

ここで、基本にかえるべく、参考にしている本「引き寄せ力が高まる! チベット体操&瞑想BOOK(DVDつき)」を読み直してみました。

すると、第一の儀式のページに次のように書かれていました。

手が床と平行になっていないと、回転の時、遠心力のバランスが崩れて気持ち悪くなるので注意。

「きっとこれだ!」と思いました。

おそらく、回転の回数が増えたことで身体のバランスが崩れ、両手が床と斜めになってしまっているのではないでしょうか。

そのせいで頭も変な感じに揺れてしまい、目が回りやすくなっている可能性が高いですね。

立ち位置が元の位置からズレてしまっている件も、この「腕が斜めにズレている」ことの影響なのでしょう。

どんな体操や運動でもそうですが、定期的なポーズのチェックはとても大切ですね。

間違ったポーズでやっていると、せっかくの効果も半減してしまいます。

今回は特にその影響がモロに出てしまいました(+o+)

目が回らなくなるまでは、回転のスピードは抑えて、まずは「両腕をしっかりと横に伸ばす」、「伸ばした腕を最後まで床と平行に保つ」ことができているかどうかのチェックに集中してみたいと思います。

せっかく身体に良い習慣が続いているので、目が回る問題を克服して、3週目を無事に乗り越えたいですね(^^)

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク