セブンのふんわりフロマージュタルトを食べてみたら〇〇が(悲)

アドセンスリンク広告ユニット

セブンイレブンで久しぶりにスイーツを購入しました。

今回は、ふんわりフロマージュタルトを初購入です。

お気に入りのベイクドチーズタルトに似ているので興味が湧いて買ってみたのですが、果たして味はベイクドチーズタルトを上回るのでしょうか?

楽しみです。

スポンサードリンク

セブンのふんわりフロマージュタルトを食べてみた

セブンプレミアムの「ふんわりフロマージュタルト」に今回初チャレンジをします。

同じくセブンプレミアムのベイクドチーズタルトと形はほとんど同じですね。

見た目は表面の色がベイクドチーズタルトが濃くて、ふんわりフロマージュタルトが淡いという違いはありますが。

ちなみに、ベイクドは「焼く」、フロマージュは「チーズ」を意味します。

とても似ている商品なので製造者を見てみたら、どちらもモンテールでした。

納得。

(セブン&アイとモンテールの共同開発商品というわけですね)

ベイクドチーズタルトと原材料を比べてみると、どちらもモンテールが手がけているだけあって共通したものが多いですね。

違うところといえば、ベイクドチーズタルトはナチュラルチーズとプロセスチーズを使用していますが、ふんわりフロマージュタルトはナチュラルチーズのみ使用となっています。

オーストラリア産のクリームチーズみたいです。

あと、ふんわりフロマージュタルトには牛乳や発酵バターが含まれています。

それぞれの価格とカロリーは次のとおりです。

★ベイクドチーズタルト
価格:158円(税込み)

カロリー:220kcal

★ふんわりフロマージュタルト
価格:149円(税込み)

カロリー:194kcal

ベイクドチーズタルトの方が値段もカロリーも少し高いですね。

〇〇が剥がれてテンションが…

ふんわりフロマージュタルトを食べる前に、ちょっとショックなことがありました。

ふんわりフロマージュタルトを袋から出すと、下の写真のように表面の生地がベリっと剥がれてしまったんです(悲)

袋の中にセロハンが入っていて、そのセロハンに生地表面がピタッと密着していたんでしょうね。

チーズの表面をセロハンにけっこう持っていかれてしまいました。

それも見事な輪っか状に(-_-;)

ふんわりフロマージュタルトは今回が初めての購入となりますが、これでワクワクだった気分が少し沈んでしまいました。

柔らかい生地なので仕方のない事でしょうけど、

食べ物はやっぱり見た目も大事。

最初の一口の食感もこれで何となく変わる気もします。

「今回たまたまそうなっただけのかも」と思い他の方のレビューを見てみたのですが、皆さんも見事に生地の表面がセロハンで剥がされているみたいです!

「袋を開けたあと、ハサミで袋に大きく切れ込みを入れて大きく開き、セロハンをゆっくりジワ~とめくれば少しは生地表面が剥がれずに済むかな?」

とも考えましたがどうでしょう。

今度買ったら試してみたいです。

肝心のふんわりフロマージュタルトの味についてですが、予想どおり美味しくておかげで先程下がったテンションもすっかり回復しました。

商品名どおりのチーズ生地のやわらかな歯ごたえ。

チーズのコクもしっかりとありますし、とってもクリーミーです(^^)

牛乳が入っているぶん、なめらかさが際立っているんでしょうね。

酸味もありますが、そんなに強いものではないかなと思います。

特に、口の中にチーズの香ばしさが充満するのがたまらなく良いです!

バターの風味も利いています♪

しっとり気味のタルトのかたい食感と良い対比になっていると思います。

この「チーズ✕タルト」の組み合わせはなかなかクセになりますね。

味も食感もお互いを高め合う「ベストパートナー」って感じで好きです。

ベイクドチーズタルトと味比べをするつもりでしたが、どちらも甲乙つけがたい美味しさでした。

ただ、先程の”生地表面がめくれる件”があるので私の中ではベイクドチーズタルトがやや優勢。

見た目って大事だ~。

チーズ系スイーツのレパートリーがまた1つ増えて良かったです♪

ごちそうさまでした(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク