寒中見舞い-喪中の場合はがきの種類を選ぶ時の注意点は?

アドセンスリンク広告ユニット

寒中見舞いを喪中のときに出す場合、どのように書けば失礼にならないか気になりますよね。

文面だけでなく、はがきの種類や切手を選び間違えるとマナー違反になったりするので注意が必要です。

今回は、喪中の場合に使用する寒中見舞いのはがきの種類を選ぶポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

寒中見舞い-喪中の場合はがきの種類の選び方は?

「寒中見舞いは、喪中の場合ハガキの種類をどうしたらいいの?」

通常、寒中見舞いに使用するハガキは、官製はがき・私製はがきのどちらを使用してもOKです。

【官製はがき・私製はがきについて】
官製はがきは切手を貼る必要がないタイプ、私製はがきは切手を貼る必要があるタイプの葉書です。

官製はがきは民営化されてからは「通常はがき」「郵便はがき」という名称で販売されていますよ。

喪中であっても、官製はがき・私製はがきのどちらも使えるというルールは変わりません。
(相手側が喪中・こちら側が喪中のどちらでも)

ただ、喪中の場合は葉書のデザインに気をつける必要があります。

スポンサードリンク

はがきのデザインに関するポイントは、

・落ち着いた印象にする
・切手にも気を配る
の2点です。

それぞれ見ていきましょう。

落ち着いた印象にする

寒中見舞いのはがきにイラストを描く・印刷する際には、喪中の場合はポップなイラストを使用しないように注意しましょう。

もともと寒中見舞いに用いられるイラストには落ち着いた印象のものが多いですから、喪中に適したイラストのモチーフもたくさん見つかると思いますよ。

切手にも気を配る

ハガキのイラストと同じく、切手のデザインも落ち着いた印象のものを選べば問題ありません。

官製はがき(通常はがき)で胡蝶蘭のデザインも販売されていますが、こちらの使用に関しては賛否両論あるようです。

もともと胡蝶蘭のハガキは喪中用として作られたものではないので寒中見舞いに使用しても問題ないのですが、喪中を連想しやすいですからね。

この点が気になるようでしたら、胡蝶蘭以外で落ち着いた印象のハガキを選ぶと良いですよ。

切手に関しては、
弔事(ちょうじ)用の花文様普通切手を使ってはいけない
という点には特に注意が必要です。

ただし、落ち着いたデザインでも弔事用の普通切手を使用するのはNGです!

弔事用の普通切手は背景が青で、花文様(白・グレー花柄)があしらわれています。

この切手は葬式・告別式の案内を出す際に使用するものです。

季節の挨拶である寒中見舞いにこの切手を使うのは明らかなマナー違反となるのでご注意くださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク