ステンレスボトルの茶渋汚れ!ハイターは使っちゃ駄目なの?

ステンレスボトルの茶渋汚れは、食器用の中性洗剤ではなかなか落ちないので厄介ですよね。

キッチン用のハイターも茶渋汚れに有効ですが、使ってOKなケースとNGなケースがあるので注意が必要です。

「家にあるハイターは使えるタイプなのかな?」と疑問に思っている方は、今回の記事をチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

ステンレスボトルの茶渋汚れにキッチンハイターはOK?NG?

水筒
キッチン用のハイターにも、いくつか種類があります。

まずは、普段お使いのキッチン用ハイターのタイプを確認してみましょう。

『塩素系』のキッチン用ハイターは、ステンレスボトルの茶渋汚れに使用するのはNGとされています。
⇒例:キッチンハイター、キッチン泡ハイター

『酸素系(粉末状)』のキッチン用ハイターなら、ステンレスボトルに使用しても大丈夫ですよ(^^)
⇒例:キッチンワイドハイター

塩素系漂白剤の特徴

キッチンハイターは除菌・消臭効果があり、茶渋汚れにも効果的な漂白剤です。

ですが、塩素系のキッチンハイターにはいくつかの使用NGな材質があるので注意が必要になります。

塩素系キッチンハイターの商品説明を読んでみると、「使えないもの」の欄に「金属製の容器」とあります。

ステンレスも金属ですから、使用NGな材質のひとつというわけですね。

タイガーの家庭用ステンレスミニボトル『サハラマグ』の説明書にも、次のような注意書きがありましたよ。

塩素系漂白剤は使わない。
サビ・塗装はがれ・穴があく原因。

”穴があく”といわれると、やっぱり恐いですね(^_^;)

まぁ正直なところ、ステンレスはサビに強い材質なので、一度や二度使ったくらいでは特に問題ないとは思います。

でも、ステンレスボトルの説明書には必ず塩素系漂白剤を使わないように注意書きがしてありますから、使用は避けておいたほうが良さそうです。

塩素系独特のツーンとした刺激臭が水筒に付くのも嫌ですしね。

スポンサードリンク

酸素系(粉末状)漂白剤の特徴

酸素系の漂白剤なら、ステンレスに付いた茶渋の汚れもしっかりと落としてくれますよ。

それに、塩素系のような刺激臭がしないところも嬉しいメリットです(^^)

それでいて、塩素系と同じく”消臭・除菌・漂白”する効果があるので便利。
(※ただし、塩素系に比べると効果は弱め)

それでは、酸素系漂白剤を使用した茶渋汚れの落とし方をご紹介します。

■酵素系漂白剤で茶渋汚れを落とす方法
1.ステンレスボトルの中に酸素系漂白剤を入れる
※500mlのボトルなら小さじで1/2杯程度

2.そこへ30~40℃程度のお湯を注ぎ軽く混ぜ30分程度浸ける
※フタはしないこと。酸素系漂白剤を入れた状態でフタをすると内圧が上がります

3.汚れが取れていない部分があればこそぎ落として、十分にすすぎ洗いをする

4.乾いた布でしっかりと拭き上げて終了

あと、同時にコップ・中せん・パッキンも酸素系漂白剤で浸け置きしておきたいところですね。

中せんやパッキンにも茶渋が染みついているでしょうから、一緒に洗浄できて一石二鳥です。

まずは、ステンレスボトルとは別に、洗い桶(または大きなタッパー)にもお湯と酸素系漂白剤を入れて混ぜます。

そこへ分解した状態の中せんの部品・パッキンなどを浸けておきます。

ついでに、何か他に汚れが気になっているコップ等があれば一緒に入れておくと良いですね^^

注意!

ステンレスボトルには、商品によっては酸素系漂白剤を使用できないタイプがあるようです。必ず、お手持ちのステンレスボトルの説明書を一度確認してから酸素系漂白剤を使用してくださいね。

おわりに

塩素系漂白剤と酸素系漂白剤。

名称が似ているので、間違えないように気をつけたいところですね。

塩素系は茶渋汚れを落とすことができますが、ステンレス素材に使用することができません。

酸素系は塩素系より効果は低いですが、ステンレスOKで、塩素系のような刺激臭がないのが特徴です。

まずは、卵の殻や重曹でステンレスボトルの茶渋汚れが落ちるかどうか試してみて、それでもうまいこと茶渋汚れが落ちないときは酸素系粉末漂白剤を試してみる…

という順番が個人的にはおすすめです(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク