母の日は花束とアレンジメントどっちにする?選び方のコツは?

「今年の母の日はお花にしようかな♪」

母の日の贈り物といえば、やっぱりお花の人気が高いですよね。

お花は、花束以外の形でも販売されていますが、選ぶときは何を基準にしたら良いのでしょうか?

今回は、花束とアレンジメントの特徴と、どっちにするのかを決めるコツをご紹介します。

それぞれのメリット・デメリットを知っておくと、お母さんにピッタリな品を選ぶ為のヒントが見つかるかも^^

スポンサードリンク

母の日は花束とアレンジメントどっちにする?選び方のコツはこれ!

お母さん

花束とアレンジメントの選び方のコツ♪

それは、

お母さんがお花をどのように楽しみたいのかを考えることです。


「それって・・・どういうこと?」


その理由は、花束とアレンジメントそれぞれの特徴とメリット・デメリットが分かるとハッキリしてきますので、これから見ていきましょう^^

花束の特徴とメリット・デメリット

花束

花束は、幾本かの草花を切って束ねたものです。

「束ねてまとめる」という極めてシンプルなものですが、

それによって持ち運びが一気に楽になり、見た目のインパクトもグッと華やかなものとなりますよね^^

それでいて、草花にはほとんど手は加えられてませんから、”自然なままの姿”を保てている点も大きな魅力と言えます。

こういった特徴があるので、花束のメリットは

『手渡しされた時の感動が大きい』

『自分の好きな形で飾ることができる』

『長持ちしやすい』

となります。

デメリットとしては、

『花瓶を用意してきれいに生ける必要がある』
⇒花を扱い慣れていない人は負担に感じやすい

という点が大きいですね。

自然に近い状態の花なので、自分の好きなように茎や枝葉を切って調整し、飾り付けを楽しむことができます。

複数の花瓶に分けて違う場所に設置して眺めを楽しめる点も魅力的ですね。

こまめに水をかえる必要はありますが、その分きれいな状態をながく保つことができます。

つまり、

★お花を自分でアレンジして楽しむことが好き

★お花の手入れを苦に感じない

というお母さんに適したのが花束になります。


スポンサードリンク

アレンジメントの特徴とメリット・デメリット

アレンジメント

アレンジメントは、お花と花器(陶器・カゴなど)を綺麗にコーディネートし終えた状態で販売されているのが大きな特徴。

また、花器の中には吸水・保水性に優れたスポンジが入っています。

お花はスポンジに挿してあるので、水を与えるだけでなくお花を固定させる役目も果たしているわけですね。

アレンジメントのメリットは、

『プロによるお花のアレンジを楽しめる』
⇒自分でお花を生ける必要がない

『忙しくてもお花が楽しめる』

『花瓶を用意する必要がない』

となります。

デメリットとしては、

『花束と比べると花が早く終わることが多い』

『お花が終わったときに花器が必要なければ処分する必要がある』

といった感じです。

アレンジメントの場合、定期的に吸水スポンジに水やりをすることで長く楽しむことができます。

ただ、水を足すことはできても入れかえることが出来ない為、花束で購入したお花よりも早く枯れてしまうことが多いです。

でも、こうしたデメリットはありますが、

★毎日が忙しくて好きなお花をお家に飾れないでいる
というお母さんにとっては、大きなメリットがある商品だと言えそうですね。

あなたのお母さんはどっちのタイプですか?

それでは、

花束とアレンジメントそれぞれの、お母さんとの相性について見ていきましょう。

もしも、あなたのお母さんが次のようなタイプの方でしたら、花束がおすすめです。

  • お花を自分の好きなようにアレンジして楽しみたい
  • お手入れも含めてお花を楽しめる
  • いくつか花瓶を持っている
  • お花を楽しむ時間の余裕がある

そして、

あなたのお母さんが次のようなタイプの方でしたら、

アレンジメントをプレゼントすると喜んでくれると思いますよ^^

  • お花を生けるのは苦手
  • お花は好きだけど忙しくてお手入れする暇がない
  • お花を眺めるているだけでも楽しめる

まとめ

今回は、母の日にお花をプレゼントする場合の花束とアレンジメントを選ぶ基準についてのお話をしました。

花束とアレンジメントはそれぞれに魅力があるので、一見するとどっちを選べば良いのか迷ってしまいがちです。

でも、今回ご紹介したように、あなたのお母さんの”お花に対する楽しみ方と生活スタイル”を考えてみると、花束とアレンジメントのどっちがよりお母さんに適しているかが分かると思います。

母の日ギフト用に、素敵なお花が見つかると良いですね^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク