目薬をさした後に鼻や喉の奥で苦い味がするのはなぜ?対策は?

「目薬をさした後、苦い味がするのはなぜ?」


目薬をさし終えてすぐ、鼻や喉の奥のほうで苦い味を感じる人がいます。


でも、同じ目薬を使っても「味はしないよ」という人もいます。


この違いは何なのでしょうか?


実は、味を感じている人は、目薬の効果を活かせていない可能性が高いです。


その理由と、目薬の効果を活かすための対策をご紹介します。


スポンサードリンク

目薬をさした後に鼻や喉の奥で苦い味がするのはなぜ?

目薬の苦い味がする

目薬をさした後に鼻や喉の奥で苦い味がすると、何だか気持ち悪いですよね^^;


「この現象は目薬をさした後にしか起きないから、たぶん目薬が原因のハズ・・・」


とは思うものの、目に入れたはずの目薬が鼻や喉の奥に影響を及ぼすなんて不思議です。


苦い味を感じるのは、目薬が原因で間違いありません。


これには、涙の働きが関係しています。


私達はふだん、無意識に瞬き(まばたき)を繰り返しています。


瞬きの刺激によって常に涙は分泌されているのですが、
目に異物が入ったり感情が高ぶったりしない限りは
この涙が溢れ(あふれ)出ることはほとんどありません。


これは、
目頭(めがしら)にある涙点(るいてん)から涙を吸収しているから。


そして、
吸収された涙は
鼻の奥、それから喉の奥へと流れていきます。


つまり、
目薬の成分が涙と一緒に鼻の奥、更に喉の奥へと流れているから、


「目薬をした後、鼻の奥で何か味がするような・・・」

「喉の奥の方で苦い味がする」


といった反応が出てくるわけですね^^

(※今回お伝えした理由とは関係なく、苦味を感じるタイプの目薬もあります)


ただ、この現象は
「なるほど、そうだったのか~」
で終わらせてはいけませんよ。


目薬をさした後にすぐ涙と一緒に鼻の方へと目薬の成分が流れているわけですから、


これはつまり、
目薬の成分が「目の健康を守る」という肝心の役目をあまり果たせていないということになりますよね。


でも、安心してください。


この現象を改善する方法は、とっても簡単なんですよ^^



スポンサードリンク

目薬をさした後に苦い味がするときの対策はコレだけ!

目薬をさした後に鼻や喉の奥で苦い味がする原因は、


さした直後に瞬き(まばたき)をしているからです。


特に、さしたあと意識的に目を何度もパチパチさせるのは良くありません。


目薬が涙と一緒に鼻へ流れる働きを加勢しているようなものです。


つまり、鼻へ流れるのを防ぐための対策は、


瞬き(まばたき)をしないことです。


より効果を高めるには、


目薬をさしたあと次のようにすると良いです。



手で軽く目頭をおさえながら、1分ほど目を閉じておく



目頭をおさえるのは、目薬の成分が涙道に行かないようにするためです。
(目頭に、涙を吸収する涙点がありましたね)


このように、
目薬をさした後の過ごし方をちょっと変えるだけで、


目薬の味を鼻や喉の奥で感じることも少なくなりますし、目薬の成分が目を浸してしっかりと働いてくれるようになりますよ^^

ティッシュは使わない

また、目薬をさした後に目元をティッシュで拭くのもなるべく控えましょう。


これでは、せっかくさした目薬のほとんどがティッシュに吸収されてしまいますから。


そして、
目薬を連続で2~3滴落とすという行為も実は効果がありません。


一見すると、目薬をたくさん目に入れたほうがスッキリしそうな気がします。


でも、目に貯めることができる目薬の量はかなり少ないので、1滴で十分なんですね。


なので、2滴目から後の分はほとんどが目からこぼれてますし、それをティッシュで拭くと1滴目の成分まで吸い取ってしまいかねません。


目薬は、一滴さしてしばらく目を閉じておくだけで、しっかりと働いてくれますよ^^


【涙に関する豆知識】
涙は、悲しい気持ちになったら外へ流れてきますよね。


嬉しいときも腹が立つときも。


涙が流れるのは、高まった感情の影響で自律神経が涙腺を刺激することで起こるそうですよ。
(涙腺は、交感神経・副交感神経・三叉神経が司っています)


ところで、
涙はそのときの感情の種類によって味が変わることをご存知ですか?


「腹立つわ~!」「悔しい~!」という感情のときは交感神経が働き涙の味はしょっぱくて粘り気があります。


そして、
「嬉しいな~♪」「悲しい・・・」という感情のときは、副交感神経が働き涙は甘くてサラサラになっていますよ^^

おわりに

【関連記事】
目薬の先端がまつげにつくのを克服したい!うまくさす方法は?


目薬をパチパチさせる人は最初からその方法で目薬を使っていますから、「目薬をさしたら味がして当たり前」と思っている方もいます。


反対に、
最初から「目薬をしたあとは目を閉じてしばらくじっとしておく」というタイプの人は、目薬をさしたら味がするという話をしても信じてもらえないかもしれません^^;


友達で集まったときに目薬の味の話をネタにすると、結構楽しめるかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク