目薬の先端がまつげにつくのを克服したい!うまくさす方法は?

アドセンスリンク広告ユニット

目薬をさすとき、
容器の先端がまつげについたりしていませんか?


目薬が目の中に入るように位置を調整しているうちに、思いのほか容器と目が接近していたというのはよくある事です。


ただ、目薬の先端がまつげにつくと、雑菌が容器の中に入ってしまいます。


今回は、目薬の先端がまつ毛に触れるのを克服してうまくさす方法をご紹介しますので、目薬の衛生面が気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサードリンク

目薬の先端がまつげにつくのを克服!うまくさす方法は?

目薬がまつ毛に

「目薬の先端がまつげにつくのを克服したいから、うまくさす方法を知りたい」


目薬の1滴を自分自身の目の中へ的確に入れる・・・


これはすごいテクニックだと思います。


私は下手なので、得意な人が羨ましいです^^;


でも、私も最近は昔よりも目薬のさし方がうまくなりました。今回お伝えする「目薬をうまくさす方法」を知り合いから教えてもらったのがきっかけです。


その方法とは、握りこぶしを作ること。

【目薬をうまくさす方法】

  1. 目薬を持たない方の手で握りこぶしを作る
  2. 目薬をさす側の目のすぐ下に握りこぶしを置く
  3. 目薬を持った手を握りこぶしの上に置き、固定された状態で目にさす

”目薬を持たない側の手で目を少し開き、その間に目薬をさす”
という方法もありますが、


このやり方だと、
目薬を持つ手に支えがないので安定感がないというデメリットがあります。


それに対して今回ご紹介した方法は、
”目薬を持つ手”と”顔”の間に握りこぶしを置いて固定するので安定感があるわけですね。


「目薬が出るのを待つ間に手の位置がズレてた」なんてことも起きなくなります。


そして何より、握りこぶしを置くことでそれ以上目薬を目に近づけることが出来ませんから、「容器の先端がまつ毛につく」という問題もなくなりますよ^^


まさに、一石二鳥の方法だと思います。


握りこぶしは目のすぐ下に置きますから、
握りこぶしを少し引くことで目を開いて目薬を差しやすくすることも可能です♪

スポンサードリンク

目薬の先端がまつげに触れるとこんなリスクが

まつ毛には、さまざまな汚れが付着しています。


目ヤニ・汗・皮脂汚れ、空気中の汚れ・雑菌。
女性の方ならメイク汚れも考えられます。


まつ毛の役割は目に異物が入らないようガードすることですから、汚れが集まるのは当然といえば当然ですね。


そんなまつ毛ですから、
目薬をさすときは容器の先端が触れないよう注意しないと、雑菌が目薬に入ってしまう恐れがあります。


目薬の容器のつくりはスポイトと同じようなものですから、目薬を一滴出したあとは容器の中に逆流しています。


つまり、まつ毛が触れるとその汚れ・雑菌も一緒に容器の中に入り込んでしまうんですね。


そうなると、汚れが混入した目薬を使うことになりとても危険です。
(汚れがひどいときは、目薬の中に小さくて白い物体が見えます)

目薬の貸し借りをしない

他の人と目薬の貸し借りをするのは危険です。


なぜかというと、目の病気がうつる可能性があるからです。


家族間の貸し借りも控えるべきです。


理由はやはり、目薬がまつ毛に触れている可能性があるから。


今回ご紹介した方法を実践すれば、目薬が汚染するリスクはかなり減ります。


でも、絶対にないとは言えません。


それに、目薬を借りた相手が「キレイに使ってるから貸しても大丈夫だろう」と思っていても、実際は本人が気づかないうちにまつ毛が接触していることだってあります。


お互いが”百害あって一利なし”ですから、目薬の貸し借りはやめておきましょう。


だから、他の人との目薬の貸し借りはしないでおきましょう。

目薬を使う前に手洗いを徹底する

目薬を使う前の手洗いをする。


こちらも汚染の予防に効果的で、ぜひ徹底させたい習慣です。


目薬のキャップをつけ外しする時や目薬を目にさす動作のなかで、容器の先端と手指が誤って触れることも起こりえます。


手洗いをしておけば、そんなときも汚染が回避できるかもしれません。


【関連記事】
目薬をさした後に鼻や喉の奥で苦い味がするのはなぜ?対策は?

目薬を開封してから何ヶ月で使いきるべき?

目薬を開封したあとは、1ヶ月で使い切るのが理想とされています。


目薬の箱などに記載されている使用期限は、未開封の場合の期限です。


開封後は意味をなさないのでご注意ください。


目薬には強い防腐剤が使用できないので、開封後から何ヶ月も経過すると汚染リスクは高くなります。


もちろん”1ヶ月”というのは理想の話ですから、1ヶ月ピッタリで使用をやめる必要はないですよ。


ただ、汚染リスクを減らすためには、
「目薬は長い期間使い続けるのは危険なんだ」
という意識を持っておく必要があります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク